「発達障害」タグの記事一覧

多動な男子も、おとなしくなった音楽の時間 その2

さて本日は、前回の続き 「多動な男子もおとなしくなった音楽の時間その2」をお話しします。 前回までのお話しは、、、 私が高校の教員だった頃、 高校1年生の音楽の授業を担当していました。 そのクラスの中に 多動な男子生徒が・・・

多動な男子も、おとなしくなった音楽の時間 その1

さて本日は「多動な男子も、おとなしくなった音楽の時間」というお話しです。   私は以前 数年間ですが高校の教員をしていました。 その時に出会ったある男子生徒のお話しを 今日は紹介したいと思います。 私は 高校1・・・

音楽療法で集中力を養う楽器

本日のお話しです。 今日は「音楽療法で集中力を養う楽器」についてお話しします。 音楽療法のセッションでは、 色々な楽器を使用することは あなたもご存知のことと思います。 その中でも 本日はある楽器をご紹介したいと思います・・・

子供の領域で活用される音楽療法

今日は「子供の領域で活用される音楽療法」というお話しです。 音楽療法は様々な領域で活用されるようになりました。 子供の領域では どこでどのように音楽療法が取り入れられているのかを 少しご紹介したいと思います。 子供の領域・・・

ダウン症の方への音楽療法 その2

さて本日は「ダウン症の方への音楽療法 その2」です。 前回のお話しは、、、 発語がない18歳のダウン症の男性が ストレスが原因で円形脱毛症になってしまった。 それで 言語でのコミュニケーションがとれるようになるために ま・・・

ダウン症の方への音楽療法 その1

さて本日は「ダウン症の方への音楽療法 その1」というお話しです。 私が以前 発達障がいの青年たちとセッションしていた時のことです。 ダウン症の18歳の男性がいました。 彼は言葉を話さず、 自分の意思は首を振ることで周囲に・・・

音楽療法は楽しいだけじゃダメ?!

「音楽療法は楽しいだけじゃダメ?!」というお話しです。 最近、 いろいろな方から 「音楽療法って、いいらしいですね」とか、 「音楽療法は楽しいらしいですね」ということを言われるようになりました。 大変嬉しいのですが 同時・・・

自閉症の方には、パターンをつかんで対応する

「自閉症の方には、パターンをつかんで対応する」というお話しです。 先日、こんなご質問をいただきました。 質問 「堀田先生こんにちは。以前、先生の講座を受講したAです。 ご無沙汰しています。今日はちょっと困ったことがありメ・・・

音楽療法はクライアント理解から始まる

「音楽療法はクライアント理解から始まる」というお話しです。 私は以前、 自閉症の方たちとの音楽療法をしていました。 その時のことです。 高校1年の男子で ほとんど言葉がなく 会話ができませんでした。 でも セッション以外・・・

音楽療法で反応を上げるために「聞く」ということについて

今日は、音楽療法で反応を上げるために「聞く」ということについてお話したいと思います。 音楽療法では 聞いたり、見たり、動かしたり、感じたり、いろいろな感覚を刺激していきます。 その中でも 特に耳を使っていく活動は多いもの・・・

このページの先頭へ