以前、
ダウン症で言葉がほとんど出ないお子さんの
セッションを担当したことがありました。

その時に行った
発語を促す音楽療法のプログラム
をご紹介したいと思います。

A君は17歳でダウン症です。
知的な遅れもあり
言葉は話せませんでした。

初回では
お名前を呼ぶと「うんうん」と首を縦にふって
答えるだけでした。

また
何か欲しい物や他人を呼ぶ時は
指差しや腕を引っ張り
意思を伝えていました。

そんな中
言葉で意思を伝えられるようになって欲しい
というお母様の強いリクエストがあり、

私たちは
発語を促すプログラムを
実践することにしたのです。

ダウン症の子供の発語を促す音楽療法のプログラム

以下プログラムです。

1、山びこで声を出す

A君の向かい側に数メートル離れてセラピストが立ちます。

そして
A君にセラピストを「おーい」と呼んでもらう。

その声が届いたら(出ていたら)
セラピストが「はーい」と手を振って応える。

このプログラムでは
相手に自分の意思を伝える方法を知って、
それができるようになることが目的
です。

2、本人の好きな曲を使って発声を促す

当時彼が好きだった曲が
「慎吾ママのおはロック」だったので
その歌詞の
「おっはー」「おっはー」
部分をA君に歌ってもらいました。

このプログラムでは
好きな曲を使うことで
声を出すことの意欲や集中力を
上げることを目的
としました。

以上この2つのプログラムを
他のプログラムに追加して
実践していきました。

発語を促すプログラムを実践した結果

3ヶ月目

すると
3ヶ月目くらいから
「あ、あ、」と短い声が出るようになりました。

5ヶ月目

その後
5ヶ月目には
「あーー」とか「おーい」という発声に変わっていきました。

1年後

そして
1年後には
「おはよ」「せぇんせ」と言えるようになっていたのです。

私たちもその変化に
とても喜びましたが
何よりお母様が
一番喜ばれておりました。

このような結果が出た理由

さて
そのような変化を促すことができた
プログラムですが
ここでその理由を考えてみたいと思います。

それは
「彼の状態に合ったプログラム」
だったということが考えられます。

音楽療法では
クライアントさんの状態に合わせて
プログラムを組み立てます。

マニュアルはありません。

そのため
クライアントさんが
今どのような状態かを見極めて
何が必要かを考える必要があるのです。

実は
今回ご紹介した彼について、
体の状態や意欲の状態、興味などの点について
細かくアセスメントしてからプログラムを組みました。

そのプロセスがあって
発語できるようになったのではないかと思われます。

しかし
障がいには個人差があり
クライアントさんの状態を
正確に見極めるのは
簡単ではないのも事実です。

もしもあなたが

  • 「クライアントさんの状態について
    正確に把握しているか自信がない」
  • 「どうやったら
    クライアントさんの状態を正確に把握できるの?」

と悩まれているのでしたら

音楽療法セラピスト®養成講座
「障がい児の音楽療法1と2」

の講座をおすすめします。

この講座では

  • クライアントさんの状態のアセスメント項目
  • 個人目標の立て方
  • クライアントさんが興味を持って参加できるプログラム

について詳しくお話しします。

ぜひ参加していただき
ピアノレッスンやリトミック
授業や放課後ディサービスなどに
活用していただければと思います。

講座の詳細はこちらです。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座
障がい児の音楽療法1と2

(ポチっと押すと詳細ページが出てきます)

音楽療法セラピスト®養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。

それでは
今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子