今日は「音楽で上手に気分転換する」というお話しです。

暑い日が続くと
「やる気が出ない」
「仕事に集中できない」
という方も多いのでは
ないでしょうか。

今日はそんな方にピッタリの
「やる気を出す」ための
音楽の活用方法をご紹介

したいと思います。

やる気を出す音楽の活用方法とは

ポイントをおさえた選曲の曲を聴いて
気分転換をしていくというものです。

では早速
選曲のポイントを
お話しします。

やる気を出すための選曲ポイント

1、体調に問題がないかとどうかェックする

もしも
体に痛みや不調がある場合は
受診などをして
体調を整えましょう。

また
音楽を聴く気持ちにも
なれないという場合は
ムリせずに音楽を聞かずに
安静になさってください。

2、体調に問題ない場合

今の自分の気持ちを代弁しているような曲を
自分の好きなアーティストの曲や好きなジャンルからする

その際の注意点は

  • 自分の気持ちを歌詞が表している曲
  • メロディーが自分の気持ちにピッタリと合う曲

のいずれかにすると良いです。

なので
最初は静かな曲や
歌詞がない曲などのセレクトも
あると思います。

3、音楽のチカラを活用して背中を押してもらう

次に
やる気を起こすために
音楽に背中を押してもらいます。

そのための選曲のポイントは

  • リズムがハッキリしている曲
  • 歌詞にメッセージ性がある曲

が良いです。

例えば
リズムがハッキリしている曲

  • 「ガッツだぜ」/ウルフルズ
  • 「明日があるさ」/坂本九

歌詞にメッセージ性がある曲

  • 「I believe」 /絢香
  • 「Ahchor」/三浦大知

などもオススメです。

しかしながら
選曲についてもっとも大切なことは

  • 自分の好きなアーティスト
  • 好きな曲であること

ですので
ご自分の好みの中から
選曲していただけたらと思います。

ということで
音楽をうまく活用して
暑い日もやる気を出していきましょう。

音楽を活用してやる気を出す方法は音楽療法でも使います

今日ご紹介しました
音楽を活用してやる気を出す
という方法ですが
実は
音楽療法のセッションでも
行われています。

具体的には
クライアントさんの
体調や心理状態に合わせて曲を選曲し、
その選曲に基づいたプログラムを組み立て
セッションを実施しています。

適正なプログラムが
クライアントさんの気持ちの変化や行動の変化を
導いていくのです。

でも
適正なプログラムを組むことは
簡単ではありませんよね。

お悩みの方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には
音楽療法セラピスト®養成講座」が
オススメです。

高齢者の
プログラム作成については
「高齢者の音楽療法1」

障がい児の
プログラム作成には
「障がい児の音楽療法2」

の講座が良いです。

各講座では
クライアントさんの状態から
適正なプログラムを組み立てるコツを
お伝えします。

音楽療法セラピスト®養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

それでは
今日はこの辺で。

どうぞご自愛くださいませ。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子