今日は「高次脳機能障害をご存知ですか」
というお話しです。

突然ですが
高次脳機能障害という言葉や
その障害のかたと接したことはありますか。

今日は
あまり理解が進んでいないと
言われています
高次脳機能障害について
お話ししたいと思います。

高次脳機能障害は
生まれつきの障害ではなく
事故や病気によって
脳にダメージを受けることで起こる障害です。

その症状は

  • 失語症
  • 短期記憶ができない
  • 道順が覚えられない
  • 段取りができない(自分で計画立てて物事を進められない)
  • 目につくものに注意がいってしまう
  • 集中力が散漫であったり、短い
  • 自己中心的な言動をとることもある
  • 感情のコントロールが難しい

など脳がダメージを受けた箇所により
症状もさまざまです。

また
症状には個人差があり
一人として同じではありません。

さらに
この障害は外傷がない場合
(外傷が治った後)
どこが障害なのか
外見からはわからないのが
この障害の特徴
です。

なので
「見えない障害」として
サポートされにくかったり
正しい理解が広まらない
と言われています。

本来ならば
その方の症状や生活状況に応じて
リハビリの継続や適切なサポートが
必要なのですが、、、、。

現実的には
障害に合っていない施設への入所や通所など
適正なサポートが受けられていない場合も
多い
そうです。

そんな中
音楽療法も
症状の緩和や改善が期待できる
サポートの一つとして注目されています。

高次脳機能障害の方への音楽療法での改善例

実は
私のクライアントさんにも
高次脳機能障害の方がいらっしゃいますので
音楽療法での改善例を少しご紹介します。

  • Aさん(80歳代女性)
    短期記憶が悪く
    人の顔と名前は覚えられないと言われていたのですが、
    3回目のセッションで私の名前を覚えました。

    その後
    自信を回復され、
    人が集う場所にも積極的に参加
    されるようになりました。

  • Bさん(60歳代男性)
    道順を覚えられないと言われていましたが、
    6回目のセッションから
    一人で来ることができるようになりました。

    その後
    近所の買い物には一人で
    出かけるようになりました。

このように
高次脳機能障害の方への
音楽療法の有効性をみることができるのですが
それには
正しい理解とその方に合った目標を設定することが必要です。

とは言っても
なかなか高次脳機能障害の方への
音楽療法を知る機会自体
少ないのが現状ですよね。

でも
身近に高次脳機能障害の方や
そのサポートの必要に迫られている方も
いらっしゃるのではないかと思います。

そんな場合には
「事例研究」の講座がオススメです。

高次脳機能障害の方への
有効な音楽療法の症例を詳しくご紹介し
お一人お一人に合った目標設定の方法をお伝えします。

さらに
サポートする側もされるご本人も
気持ちよく接することができるコツ
についても伝授いたします。

ぜひ
大切な方、身近な方の
力になってあげてください。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座
「事例研究」

音楽療法セラピスト養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。

「事例研究」に参加された受講生の感想もお読みください。

※Hさま 女性(42才)新潟県 介護職

様々な事例を知ることができて良かったです。
今度はもっと実習に参加して生の現場を見たいです。


※Oさま 女性(48才)神奈川県 その他

事例をVTRも交えて示していただき、
未知の世界だった現場のことがわかりとても良かったです。

これから実習でもどんどん学んでいきたいと思いました。

いつもいつも意識の高い受講生の方々とご一緒でき、
とても刺激になり、嬉しい気持ちで家に帰れることに感謝しています。


※Kさま 女性(55才)宮城県 学生

自分の体験できる事例が少ないので、
実際の事例とセッション内容を知りたいと思い参加しました。

3例、具体的にお聞きすることができ、
大変参考になり、学ぶことができました。

堀田先生のパワーが何より嬉しいです。

遠いことが一番の難ですが、
毎回楽しみで、学べることが嬉しいです。
実習にも参加したいと思っています。


※市井さま 男性(51才)静岡県 会社員

臨床現場で実際に起きている問題をできるだけ多く、
具体的な対処方法を交えた内容を含めて学びたいと思っています。

症例を3種類も学べ、各々の特徴とその問題点を知ることができました。
各々の対処方法を理解できました。

具体的な事例が学べて大変有意義でした。
特にビデオや音声を通しての学習は非常に印象に残り、
ありがたかったです。


どんな現場にも対応できる
実践力を身につけるなら
「音楽療法セラピスト®養成講座」がオススメです。

それでは今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子