「雨の季節の音楽レクプログラム」をご紹介します。

このプログラムは

  • ディサービスに通所されている方が対象者
  • 狭い空間にいる時間が多く
    また色々な利用者さんが通所されているため
    ストレスや緊張が多い状態である

と設定し
「リラックス」を目的にしました。

雨の季節の音楽レクプログラムの詳細です。

使う曲は「美しき天然」です。

武島羽衣作詞
田中穂積作曲 

この曲はゆったりとした曲調で
低い音から曲が始まり
徐々に高い音へと移行しますので
ムリなく声が出せます。

また
3拍子(ワルツ)なので
体の動きもつけやすいです。

プログラムの進め方にまいりましょう。

  1. 1番の歌詞を全員で音読します。
    (4番までありますが、長いため1番のみ使用)
  2. 全員で歌います。
  3. 「ラ」だけで歌います。(歌詞無し)
  4. 次の質問をします。
    • この歌は何歳の頃に歌いましたか?
    • 誰と歌いましたか?
    • 思い出したことはありますか?

      全体に聞いてみて
      答えが返ってこなければ
      個別に質問してみましょう。

  5. 全員で歌います。
  6. 「ラ」だけで歌うかメロディーを鼻歌で歌いながら
    腕と足をマッサージします。
    • 空にさえずる
      →右手で左腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 鳥の声
      →左手で右腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 峰より落つる
      →右手で左腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 滝の音
      →左手で右腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 大波小波とうとうと
      響き絶えせぬ 海の音
      →両手で両足の太ももをさする
    • 聞けや人々
      →右手で左腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 面白き
      →左手で右腕を肩から手首にかけて撫でる
    • この天然の
      →右手で左腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 音楽を
      →左手で右腕を肩から手首にかけて撫でる
    • 調べ自在に弾きたもう
      神の御手の尊しや
      →両手で両足の太ももをさする

なお
進行するにあたり2つの注意点があります。

  1. 歌うときには歌に集中すること
  2. 腕と足をマッサージするときには
    手をご自分のペースで撫でる
    (曲に動作が合わなくても構いません)

気持ちよく行うことが大切ですので
音程や歌詞の間違いは
気にせずに行いましょう。

音楽レクプログラムのまとめ

音楽を使ったレクリエーションでも
「目的」を持って行うことで
参加者の皆さんの満足感を上げる
ことができると思います。

ぜひ
目的を設定した上で
プログラムを考えてみてください。

とはいえ
「目的をどのように設定したらいいのか
迷ってしまう」という方も多いのでは
ないでしょうか。

その場合は
音楽療法セラピスト養成講座
「高齢者の音楽療法1」の講座に参加ください。

この講座では

  • 音楽レクで使える目的設定の方法
  • 音楽レクのマンネリ化打開方法

についてご紹介します。

高齢者領域に
関わっている方には特にオススメです。

「高齢者の音楽療法1」は
こちらをポチッと押してください。

それでは
今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子