高齢者の音楽レクリエーションでは
歌のプログラムを活用されている
ところが多いと思います。

しかし
どのような曲を選曲するかで
利用者さんの充実感や満足感に違いが
出てしまうということも
あるかもしれません。

ということで今日は
高齢者の音楽レク、選曲のヒント
について具体的にお話しします。

高齢者の音楽レクリエーションで
選曲する際の2つのポイント

それでは選曲する際の2つのポイントと
考え方や選曲例をお話しします。

1、目的を1つだけ持つ

活動に1つだけでいいので目的を設定しましょう。

例えば
「やる気を出す」
という目的にします。

次に
やる気を出すめには
どのような要素が必要かを考えます。

具体的な考え方

  • 気持ちが明るくなる
  • 体が軽くなる

などの要素が必要かもしれません。

そしてその次に
その要素を満たす曲を探します。

  • 気持ちが明るくなるような曲
  • 足踏みや手拍子などの
    体の動きをつけやすい曲

などです。

具体的には

  • 365歩のマーチ
  • 大牧場はみどり
  • 丘を越えて
  • お富さん

などでしょうか。

2、選曲のジャンルを広げる

とくに自立度が高く
お元気な方が多いグループの場合は

  • 歌謡曲
  • フォークソング
  • 外国の民謡

などからも選曲すると良いです。

例えば

  • 北国の春
  • ここに幸あり
  • 四季の歌
  • 遠くへ行きたい
  • 素晴らしい愛をもう一度
  • 若者たち
  • 故郷の人々
  • 星の界(ほしのよ)
  • ローレライ

などは人気があり
女性には好まれている曲です。

参加者の中には
「知らない」という方も
おられるかもしれませんが
部分的でも知っていれば
選曲して大丈夫です。

なぜなら
馴染みがない曲でも
繰り返し歌うことで慣れてきます。

そして
慣れるとスムーズに歌えるようになり
新しい曲が歌えるようになることで
充実感や達成感を得られ、
それが自信回復にも繋がっていく
と思われます。

ぜひ
色々なジャンルからも
選曲をしてみてください。

ということで
音楽レクの選曲のポイントを
お話ししました。

この他にも
充実感と満足感を味わえる
音楽レクのポイントはまだまだあります。

その詳しいお話しは
音楽療法セラピスト®養成講座
「高齢者の音楽療法1」の講座でご紹介します。

講座では

  • みんなが歌える選曲のコツ
  • 伴奏がなくても楽しく歌えるコツ

についてもお話しします。

ちょっとしたコツをおさえることで
参加者の方々の反応が変わります。

ぜひ
ご参加ください。

「高齢者の音楽療法1」の講座は
こちらをポチッと押すと出てきます。

音楽療法セラピスト®養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

それでは
今日はこの辺で。

天候が不安定ですので
どうぞご自愛くださいませ。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子