本日は
認知症の方をご自宅で介護されている場合に
役立つ音楽の使い方
についてお話しします。

先日
こんなメールをいただきました。


堀田先生

こんにちは。
私は母親が認知症で、在宅介護している者です。

母は
おしゃべりはできるのですが
1度転倒して骨折しているのと
血圧が高くめまいを起こしやすかったり
するので動きは良い状態ではないです。

ディサービスには
週2日通っていますが
そのほかの日はほとんど家から出ません。

そのせいか
家族をつかまえては
文句をいうことも多く

家庭内の空気が悪くなることもあります。

そんな母ですが
少しでも穏やかな気持ちになって
欲しいと思ってあれこれ
試みましたがうまくいきません。

何か音楽を使って
母の気持ちを穏やかにすることは
できないものでしょうか。

お時間のある時で結構なので
アドバイスお願いします。

Aより


ということでしたので
こんなお返事をしました。


Aさま

こんにちは。堀田です。

ご相談の件について
お答えします。

お母様はあまり体を動かすことが
できない状態とのこと。

それでは
おもい通りに動けないことでの
ストレスも溜まってしまう
かもしれませんよね。

そうだとすると
まず「ストレスを解消すること」
を頭においていただきたいと思います。

音楽を活用したストレス解消法

そこで
音楽を活用したストレス解消の方法を1つ
お伝えします。

それは

『お母様の好きな曲や好きな歌手の歌を歌う』

という方法です。

お母様に
「好きな歌や好きな歌手は?」
と聞いていただき
曲が見つかれば
その曲のCDなどを流して
お母様に歌ってもらいましょう。

歌を歌う目的と注意点

目的は声を出すこと。

ですので部分的しか歌えなくても
大きな声が出なくても
問題ありません。

とにかく
声を出すことで
体の中に溜まったストレスを
外に出していくことが大切
です。

また
歌は全身を使いますので
適度に疲労感も感じられ
夜もぐっすり眠ることも期待できます。

でも

  • 好きな曲がわからない
  • うまく歌えない

などとお母様がおっしゃったならば

  • 「一緒にいい歌を探そうか」
  • 「知ってるところだけでもいいんだよ」
  • 「鼻歌でもいいんだよ」

と言ってあげてくださいね。

そして
お母様の20代30代に流行った歌や歌謡曲、
出身地の盆踊りの曲などを手がかりに
一緒に好きな曲を探してみてください。

きっと
お母様の心に響く1曲が見つかるのでは
ないかと思います。

ぜひ試してみてください。

堀田


このように
アドバイスいたしました。

音楽をうまく活用して
お母様との関係性を深めて
いただけたらと思います。

もちろん
この他にも認知症の方への
有効な音楽の活用法はあります。

その詳細については
音楽療法セラピスト®養成講座「高齢者の音楽療法1」でお伝えします。

認知症のお母様、お父様と
もう少しコミュニケーションを
よくしたいと思われている方には
オススメです。

音楽療法セラピスト®養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

「高齢者の音楽療法1」に参加された受講生の感想。

※Kさま 女性(58才)神奈川県 看護師

老健での仕事の中で、利用者が車イスに座ったまま
何時間も放置(?)されていることが目につく。

その状況を少しでも改善できればと、
介護スタッフに何か情報提供できればと思い受講しました。

音楽療法と高齢者介護、特に認知症との関わりを十分な程の説明と、
先生の体験談が実に有意義でした。

初めての参加で不安もありましたが、現在の仕事に即、役立つ内容で、
とても充実していました。

次回の講座もできるだけ参加したいと思います。


※Aさま 女性(56才)東京都 専業主婦

高齢者の音楽療法に、
主に関われるようになれればいいなぁと思い参加させていただきました。

認知症のことなど、知らないことがまだまだ多いですので、
高齢者2の講座にも参加させていただきたいと思います。

体に重りをつけたり、疑似体験できたことは良かったです。
自分の生活や家族にも関わることであり、勉強できて良かったです。


※Nさま 女性(52才)群馬県 専業主婦

今日の講座に参加した方は高齢者に関わっている方が多く、
参加者の方から色々なお話が聞けたのが有意義でした。

高齢者に対しても可能性を信じるとか手を出しすぎないなど
障害児に対することと共通する部分があるなと思いました。

また堀田先生にお会いすることを楽しみに参加しました。


どんな現場にも対応できる
実践力を身につけるなら
「音楽療法セラピスト®養成講座」がオススメです。

それでは今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子