人生をイキイキ生きるコツ

今日は
「人生をイキイキ生きるコツ」について
お話しします。

先日こんなことがありました。

ある高齢者施設でお昼ご飯を食べていた時
ベテランの職員さんが入って来られました。


職員さん:
先生、まだあんまり言ってないんですけど、
私今年いっぱいで辞めることにしました。

堀田:
え!ホントですか?でもどうして?

職員さん:
ほら、私趣味で陶芸やってるでしょ。
でもちゃんと勉強したことなくって。
いつか勉強したいって思っていたのよ。

それでね、
こんな年で恥ずかしいんだけど
思い切って陶芸の学校に行くことに決めたわけ。

堀田:
えー、そうなんですね。すごいじゃないですか。

職員さん:
すごくないですよ(笑)
でも
私も気がついたらもうこんな年齢(58歳)に
なっててね(笑)。

子供たちも独立したし、
やるならもう今しかないかなと思って。

堀田:
○○さん、でも決意するのは
簡単じゃなかったでしょ?

職員さん:
そうなのよー。清水寺から飛び降りる感じ(笑)。

だって、
この歳でついていけるかなとか、
自分のためにお金を使っていいのかなとか、
色々考えちゃったらね
決めるのに時間かかっちゃったの。

堀田:
それでも、行くって決めたんですよね。
それはなぜですか?

職員さん:
今年の初め頃かなあ、
娘に仕事の愚痴を言ったことがあって。

そしたら娘が、
「お母さん、
他人の世話ばっかりしてるから文句も出るんじゃないの。
自分の世話はしてんの?ちゃんと自分のこと世話しなさいよ。」
って怒られたの(苦笑)。

堀田:
娘さんすごい。

職員さん:
私、その言葉でハッとしたのね。
たしかに他人や家族のこと優先で
自分のこと世話してないな、って。

それから
自分のやりたいことはなんだったかなと考えて、、、。

長年温めていた(笑)ことを
実行することにしたってわけ。

堀田:
なるほどねー。
でもなんだか、○○さん嬉しそう。
イキイキしてますよ。

職員さん:
あー、わかる?
ワクワクしてるのよね。
そうしたら、今の仕事も楽しくなっちゃって。

堀田:
いいですね。
ぜひ残りの期間、
楽しんで仕事してくださいね。

職員さん:
ありがとう。


この職員さんは
私も信頼しており、お世話になった方なので
やめられることは寂しいのですが、
ご自分のやりたいことの実現に向かっている姿は
今までで一番輝いて見えました。

心から
応援したいと思います。

と言うことで、、、、

この職員さんのように
「実はやりたいことがあるけれど
まだやれていない」
と言う方も
多いのではないでしょうか。

その場合

  • 自分にはできないのではないか
  • 自分には向かないのではないか
  • やってみても失敗するのではないか

というような恐れがあるかもしれませんね。

でもそのような恐れは
人間誰しも抱くものです。

なぜなら
やりたいことに挑戦することは
新しいことに挑戦することでもあります。

その
新しいことに挑戦したり
今までと違う行動をすることは
人間にとってはとても恐怖に感じるからです。

人間は恒温動物ですので
常に同じことを好み、変化を嫌うと
言われています。

なので
いくら自分にとってやりたいこと
成長できることであっても
脳の中では恐怖に感じて
なかなか行動にうつせないのです。

でも
その恐れに負けていると

「後悔」
したり
「自分に自信を持つことができない」

ということもあり
楽しくイキイキした人生とはいえないですよね。

先ほどの職員さんのように
イキイキと生きるためには
やはり
自分の世話をちゃんとすることが
必要ではないかと思います。

ぜひ
ご自分のやりたいことや興味のあること
を探したり再確認されてみてください。

ちなみに
音楽療法にご興味や関心がある方には
「音楽療法セラピスト®養成講座」がオススメです。

受講に際して
年齢制限や楽器の知識や演奏技術は不問です。

また
4月入学3月卒業などの受講期限もありません。

何月からでも
どの講座からでもスタートできます。

音楽の専門知識がなくても
どなたでも
受講していただけます。

ぜひ
ご参加ください。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

受講生の感想もお読みください。

※Iさま 女性(43才)福岡県 会社員

約2年前に受講しましたが、もう一度学び直し、
明確に音楽療法とはどういうものか聞かれた時に
答えられるようにしたいと思い再受講しました。

改めて再確認ができたり、忘れていたことを思い出したりでき、
再度、受講することもやはりその時の自分の状態、状況により
学ぶものが違うこともわかりました。

この講座は、
期限がなく、自分の都合に合わせて受講でき、実習もあり、
認定資格が取得できることが良いと思います。

音楽療法を学びたいと思われている方は是非とにかく一度、
受講されたらと思います。

私もこの講座を知ってから受講するまで一年ほどかかりましたが、
本当に堀田先生に出会えたことに感謝しています。


※Kさま 女性(84才)神奈川県 無職

高齢となり、家族を亡くし、生きる意味が失われたように感じていました。
自分を取り戻すために、何かをしないとと思い、娘の後についてきました。

堀田先生の熱心な講義にグングン惹きつけられていき、
受講する皆さんのやる気を強く感じ、
私なりにできる限りついていこうと前向きになりました。

生きていく灯をもらったようです。

音楽療法士としてのあり方が、
他の分野の方にも共通するところだと思えますが、
人として、クライアントと対等の立場にあるという点、
とても大切なところだと思っています。


※Nさま 女性(52才)神奈川県 会社員

音楽療法を学ぶ方法を調べましたが、
音大卒業資格が必要な方法は、仕事をやめて音大受験には踏み出せなかった。
通信教育は、これだけで出来るようなものではないと思った。

実際に行なっている方の話が聞け、
実習も受けられるということでこの講座を選びました。

自分の音楽スキルが通用するのか、
職業としてやっていくことができるのか、
この二点について特に知りたいと思っていました。

音楽スキルはさほど関係ない、大丈夫というお話を伺って安心するとともに、
今までやってきたことも役に立つのではと思えた。

また、生活できる収入を得ることはかなり難しいと思いましたが、
職業にする以前に講座を通じて人間力を鍛えられそうに感じています。

現状でどこまで理解し、どこまで実践していけるか、雲をつかむような状況ですが、
今後の自分の人生の選択肢(候補?)が見つかったように思いました。

今の仕事でも毎月新しい人との出会いがあり、
対人スキルという点でもとても勉強になりました。
また予定を立てて受講したいです。


音楽療法セラピスト®養成講座

それでは
今日もイキイキとスタートしましょう。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントをどうぞ

このページの先頭へ