12月になると
「なぜかいつもより忙しい感じがする」
という声をよく聞きます。

そして
「イライラすることも増える」
という方も多いようです。

ではここで質問です。

「あなたは腹が立った時
どのような対処をとっていますか」

  • ぐっとこらえる
  • 物にあたる
  • 冷静をよそおう
  • だまる
  • 無視する

などでしょうか。

日本人は
こらえる方が多いかもしれませんね。

この怒りですが
いつどこで誰によってもたらされるか
前もって予想することができません。

なので
ちょっと厄介ですよね。

しかし
生きていく上では
必ず出くわすものでもあるので
うまく付き合っていくことが必要です。

怒りのコントロール法

ということで
今日は怒りのコントロール法を
ご紹介したいと思います。

1、「カーッときたら6数える」

怒りの衝動は6秒間とも言われています。
人は長時間怒っていることはできないのです。

なので
カーッとなったら心の中で
「1、2、3、4、5、6」
とゆっくり数えてください。

2、その場を離れる

怒りを鎮めるために
その場を離れることが重要
です。

「ちょっとトイレに行ってきます」
「顔を洗ってきます」「頭を冷やしてきます」
などと言って、その場を離れてください。

3、コップ1杯の水を飲む

一人になれる場所に到着したら深呼吸します。
そしてコップ1杯程度の水を飲みます。

水を飲むと
気持ちのリセットが促されます。

以上
怒りのコントロール方法でした。

お試しください。

音楽療法のセッション中に怒りを感じ時には

実は
ご紹介した怒りのコントロール法は
私も音楽療法のセッション場面でも
使うことがあります。

今でも
私もセッション中にムカッと
することがあるからです。

そんな時は
まず6まで数え、
部屋の中で立つ位置を変えたりして
怒りをコントロールしています。

その方法で
怒りの感情を切り離し
冷静な状態に戻ることができるので
通常のセッションができます。

セラピストは自分の感情のコントロールが必要

このように
セラピストはクライアントと向き合う時、
自分の感情のコントロールが必要
な場合もあります。

ですが
本を読んだり情報を見るだけでは
感情のコントロール方法を
身に着けることは難しいかもしれません。

じゃあどうしたらいいの
と悩まれる方もいらっしゃると思います。

そんな方には
音楽療法セラピスト®養成講座の「セラピストの自己理解」をオススメします。

この講座の内容は

  • 感情のコントロール法を知る
  • 自分の考え方の特徴や傾向を知る
  • 様々な人とのコミュニケーションを円滑にする方法を知る

などです。

自分を正しく知ることで
感情に振り回されることがなくなります。

さらに
周りの人たちともうまくコミュニケーションがとれ
楽に生きられるようになります。

ぜひご参加ください。
↓ ↓ ↓
セラピストの自己理解

音楽療法セラピスト®養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけられます。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

それでは今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト® 堀田圭江子