セラピストもイラっとする!?

では今日のお話しです。

セラピストもイラっとする!?

についてお話しします。

先日
こんなメールをいただきました。


堀田先生

はじめまして。
私は保育士をしていますBと言います。
いつもメルマガを読ませていただいて
参考にしています。

今日は先生に質問があり、
メールしました。

普段子供たちと接しているのですが
たまにイラッとしてしまうことがあります。

専門職なのにダメだなと思います。

ちなみに
堀田先生は音楽療法のセッションで
クライアントさんに対して
イラっとすることはないのでしょうか。

もし
イラっとする時は
どのように対処しているのか
教えてください。

Bより


というご質問でしたので
次のようにお答えしました。


こんにちは、堀田です。
こちらこそいつも
メルマガをご購読ありがとうございます。

さっそくですが
ご質問にお答えしますね。

質問:セッションでクライアントさんに対して
イラっとしないか?

答え:イラっとする時もあります。

イラッとした時の対処法

イラッとした際にとっている対処方法をご紹介します。

  1. すぐに反応(言葉を発しない)しないで深呼吸をする。
    または
    心の中で「1、2、3、4、5、6」と数える。
  2. その後に
    ゆっくりと言葉を話す。

ポイントは
怒っている気持ちのまま、言葉を発しないこと」です。

怒っている時には
ついキツイ言葉を口に出したり
思ってもいない言葉が出てしまう場合も
ありますよね。

なので
イラっとしている状態では言葉を言わず
なるべく早く冷静になる努力をします。

アンガーマネジメントでも
怒りのピークは6秒」と
定義されていますので
なんとか6秒間をやり過ごし
その後に発言する
ようにしています。

ぜひ
試してみてください。


というように
ご質問にお答えしました。

実は
Bさんのように
「セラピストはクライアントさんに対して
イラっとしない=怒らない」と
思われている方もいらっしゃるかもしれません。

でも
私たちセラピストも人間なので
怒りを感じることもあります。

また
怒りだけでなく
感動で胸が熱くなったり、
うまくいかなくて焦ったり、
困惑したりと様々な感情を
感じる時も多いです。

ただし、
感情に振り回わされっぱなしでは
セッションは進行できません。

セラピストは
自分の感情をある程度コントロールすることが
必要になります。

そういう私も
今でこそセッションで感情的になることが
少なくなりましたが
音楽療法を始めた頃はひどかったです(笑)。

ですので少しずつ
自分を理解するための勉強をしてきました。

その結果
穏やかな気持ちで
セッションできるようになったのです。

と言っても
なかなか自分のことはわからないものですし、
自分を知る勉強ってなかなか
見つからないものかもしれません。

それでも
自分のことを知りたいという方には

音楽療法セラピスト®養成講座
セラピストの自己理解

の講座をオススメしたいと思います。

この講座では

  • イラっとする時の自分の傾向
  • 人間関係をスムーズにする秘訣
  • 他人から自分はどのように見られているのか
  • 自分の癖からわかる深層心理

など
ご自分を色々な角度から探ったり
人の心の動きの基本について
解説いたします。

ぜひご参加ください。
「セラピストの自己理解」
↓ ↓ ↓
$$$https://horitamt.com/mtkouza/$$$

音楽療法セラピスト養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。

どんな現場にも対応できる
実践力を身につけるなら
「音楽療法セラピスト養成講座」が
オススメです。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

それでは
今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントをどうぞ

このページの先頭へ