音楽療法で相手を理解するための秘訣

音楽療法で相手を理解するためのある秘訣
というお話しです。

突然ですがここで質問です。

質問その1:

あなたは口ぐせ(よく使う言葉)がありますか?

たとえば

「こわい、こわい」「もー、やだー」
「なるほど」「知らない」
「わかる」「ムカつく」

など
色々なものがあるかもしれませんね。

質問その2:

もし口ぐせがあるとしたら
その言葉を使い始めた時期と
その言葉を使うことでどんなメリットがありますか?

たとえば

「もー、やだー」と言うことで
暗に「私は今、いっぱいいっぱいですので、
他のことはできません。」と言うことを
相手に伝えることができる。

つまり
やんわりと相手に断りを伝えられるので
「相手に嫌われず」に
自分の希望も表すことができる
というメリットがあるわけです。

また
使い始めた時期は
その人がピンチになった時から
かもしれません。

このように、、、、
口ぐせにも意味があって
使っているのです。

この機会に少しお時間をとって
自分の口ぐせやいつも使っている言葉の
意味について考えたり意識を向けてみてください。

意外なことがわかるかもしれません。

自分の使っている言葉や行動に
意識を向けることはセラピストにとってとても重要なことです。

なぜなら
クライアントさんを理解する際には
同じようなプロセスで考えていくからです。

クライアントさんは
ご自分の意思を正確に表現したり、
伝えたりすることが難しい方が多いため
(病気や障がいのため)

セラピストはクライアントさんの言動から
その意味を考え、
クライアントさんを理解していきます。


そして
そのクライアントさんの正しい理解のもとに
目標設定が行われると、
効果を出すことができるのです。

しかし
ご自分の言動に対して
「どうだったかなと
意識を向けることはできても
その意味まで掘り下げて考えていくことは
ちょっと難しいかも」
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫です。

私がお手伝いいたします。

その
方法について詳しくお話しするのが
「セラピストの自己理解」の講座です。

普段無意識に使っている口ぐせや
習慣になっている行動の意味を知る方法を
伝授いたします。

その方法を知ることで
ご自分の身近な方へも適切なサポートができ、
よりよい関係性を作ることができます。

また
ご自分の気持ちの中のモヤモヤが消え、
気がラクになるかもしれません。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座
「セラピストの自己理解」

音楽療法セラピスト養成講座は、
仕事を続けながら、子育てしながら
ムリなく学べ、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座だけを学ぶことができ、
受講する順番にも決まりはありません。

楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト®養成講座

「セラピストの自己理解」に参加された受講生の感想もお読みください。

※Aさま 女性(56才)東京都 専業主婦

ネットで見つけた講座でしたので、どこまで信用できるのか、、、と
初めは思っていました。

しかしメールでの講座で、先生のお人柄がよく理解でき、
お会いしたいと思うようになりました。

「音楽療法セラピスト養成講座」は、
自分の自由な時間に学ぶことができること。
本当に必要なことを教えていただけること。
仕事としてやっていきたいと思っていますので、
先生が現場で活動していらっしゃることがわかったこと。
実習をさせていただけること。

また
今後、音楽療法のセラピストとして実際に、仕事としてやっていけるのか?
社会的に必要とされ、仕事として成り立っているのかなど、、、
また自分自身のことも知りたいと思い受講しました。

色々な方法で自分自身のことを知ることができて、
セラピストを目指す上でも普段の人との関わりの中にも活かせると思います。

概論よりも先に今日の「セラピストの自己理解」を
受けさせていただけたのはとても良かったです。

先生のお人柄と熱意に、今後もご指導をお願いしたいと思います。
ありがとうございました。


※Yさま 女性(25才)神奈川県 アルバイト

今まで自分と向き合う事をしなかったので、
講座を機に自分と向き合っていきたいと思い受講。

自分の知らない面や自分が思っていた面が、
他の人の評価とあっていたり自分を知ることができました。

とっても印象的で、今の自分にとって必要な事を
たくさん学ぶことができました。

ありがとうございました。


※Nさま 女性(52才)群馬県 専業主婦

全体を通して楽しいお話でとても興味深く聞きました。
ワークも楽しかったです。

内容的には怒りの感情の奥にあるものという話がとても印象に残りました。
勇気を持って参加して本当に良かったです。


どんな現場にも対応できる
実践力を身につけるなら
音楽療法セラピスト®養成講座」がオススメです。

それでは今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントをどうぞ

このページの先頭へ