音楽療法には絶対必要なものがある。

それは
「治療目標」だ。

クライアントのことを正確に把握理解し、
どんなニーズがあって
どう答えていくかが大切になる。

クライアントは一刻一刻変化しているし
わたしたちセラピストも変化している。

それに合わせて
治療目標を設定し直す必要がある。

先日は自閉症のセッション。
もう数年やっているが
子供たちはすぐに成長する。
ぼんやりしている暇などない。

今回もある子の参加についての問題が話題になった。

たったひとつの対応の仕方についても
スタッフひとりひとりの考え方や、クライアントとの向き合い方が違う。

違って当然なんだが
私以外のスタッフがどう考えているのかとても興味があった。

それぞれの意見を聞かせてもらい
「へー、そうなんだー。」「なるほど」と
他人の考えやアイデアに関心した。

その意見交換は2時間にも及び
大変白熱したものになった。

「いやー、これだからやめらんない。」

いいセッションをしようとする時
自分がどう考え、どう行動しているかを
他人に状況説明できなければいけない。

「ただ、なんとなく。」は通用しない。

これからもどんどん有意義な意見交換をして
充実した音楽療法にしていきたいと思う。