今年一年を振り返ってみると、、、

こんにちは。堀田です。

さて、
今年(2012年)をざっくりと振り返ってみますれば

音楽療法のセッションでは
毎回のようにクライアントさんの変化が見られた1年でした。

その中で特に印象に残っていることはといえば…

高齢者施設で、
ターミナルケア(終末期対応)になったクライアントさんが
何人かいらしたのですが
その方々全てが亡くなる直前までセッションに参加できていたことです。

 

例えば

  • 1週間前のセッションに参加されて
  • 体操も自力でできていたし
  • 会話も成立して
  • 歌の声も出ていた方が
  • 1週間後のセッションの時にはいらっしゃらないとか。

「前回お会いしたときにはお元気だったのに」という感じです。

 

そして
たとえ入院されても数日だけで
ほとんどは施設内の自分のお部屋で眠るようにいかれた方々ばかりでした。

 

もちろん
お知らせを聞いた時には寂しい気持ちになりました。

 

しかしその後に
クライアントさんが音楽療法に最後の最後まで参加できたことや
音楽療法が少しでもクライアントさんのお役に立てたのだったら
よかったーという安堵感も覚えました。

 

高齢者の音楽療法は
毎回を悔いなく完全燃焼することの大切
だということを
講座の中でもよくお話させていただきますが

今年は改めて感じたしだいです。

 

そして
音楽療法セラピスト養成講座では
受講生のみなさんの熱いエナジーを感じた1年でした。

みなさん、とにかく一生懸命!

そして

真剣!!

 

講師の私も負けそう(笑)なくらいのパワーを毎回感じながら
講座をさせていただいております。

 

ですので
ついつい熱が入ってよく脱線してしまいますが(笑)。

 

とにかく、
皆さんのおかげで
毎回楽しくそして真剣に学ばせていただき心から感謝しております。

 

ということで…
今年1年大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

また
来年は音楽療法を通して
自己理解を深め自己成長の1年にしていきましょう!!

年末、さらなる寒波がくるとも言われております。

どうぞご自愛くださって
良い年をお迎えくださいませ。

本年の感謝をこめて。

音楽療法士  堀田圭江子

 

追伸:

来年の音楽療法セラピスト養成講座は、
「高齢者の音楽療法1」からスタートします!!

詳細はこちらで確認してくださいね。
>>>音楽療法セラピスト養成講座

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ