音楽療法を始めた頃、「歌ばっかりでつまらない」と言われました、、、

こんにちは。
音楽療法士の堀田です。

本日は「自分を知ることの大切さ」についてお話します。

突然ですが 私の音楽療法(セッション)は歌を歌うこと、
楽器を演奏すること以外にたくさんクライアントさんとお話をします。

ある施設のクライアントさんからは
「先生は漫才の人かい?」といわれているくらいです(笑)。

 

でも このスタイルになったのは、ある出来事があったからです。

音楽療法を始めた頃、
私はとにかくたくさん歌ったり、
楽器を演奏することを主体にしたセッションをしていました。

 

ある日 いつものようにセッションしていたところ、
ある女性の高齢者のクライアントさんが
「歌ばっかりでつまらない」と言い出しました。

 

私は
「え?楽しそうに歌っていたじゃないの?」と心の中で思いましたが、
言葉にはせずに、
「すみません、次回までに勉強してきます」とだけいいました。

 

そこで私は次のセッションで、
曲にまつわるエピソードや曲への自分の感じなどを
はさみながらセッションをしてみました。

そうするとどうでしょう。
文句を言っていた女性がその話にのってきてくれたのです。

「へー、そんな裏話がこの曲にあったんだねー。あんたよく知ってるね。
そしてあんたの話おもしろいわ。」

 

私は心のなかで 「まじですか?!」と叫びました。

 

というのも
私は変わっている人間と自分で理解していましたし、認識もありました。

しかし
話すことは得意ではなかったですし、私の話しが面白いなんてことは
1ミリも思っていなかったからです。ほんとに意外でした。

しかし
私の話をおもしろがって聞いてくれたこの体験が
自分を知るきっかけになりました。

 

私はこの体験から
格好つけずに、素直に自分を出すことが大切なんじゃないか
「自分のことは自分が一番わかっていないんだな」とわかり

自分をもっとよく知るために、
いろんなセミナーに参加したり
今もカウンセリングを受け続けています。

 

おかげで
今は自分の特徴やクセを理解しその特徴を活かせるので、
セッションでは
パニックになったり焦ることなく余裕を持って
クライアントに向き合うことができています。 

 

クライアントさんとしっかり向き合えることで
クライアントさんを正確に理解できるようになりましたし
正確な治療目標が設定できるようになりました。

 

その結果
効果的なセッションが行えるようになったのです。

あのまま音楽ばっかりのセッションをしていたら、、、
と思うとぞっとしますけど。

 

本当にセラピストは
自分を知るって大切ですね。

 

音楽療法以外でも
自分を理解することは必要だと思います。

自分の特徴を知っていると
お仕事にも、人付き合いにも 活かせること間違いなしです。

 

もしも もっと自分を知りたいと思われているのでしたら
「セラピストの自己理解」がオススメです。

「セラピストの自己理解」では、 今まで知らなかった自分に会えます。

詳細はこちら→セラピストの自己理解

 

では、今日はこのへんで。

音楽療法士  堀田圭江子



2 Responses to “音楽療法を始めた頃、「歌ばっかりでつまらない」と言われました、、、”

  1. みぃ より:

     初めまして。突然すみません。
    音楽、特に歌が好きで、将来は音楽を生かした仕事もしたいと思っています。

    音楽療法について調べているのですが、「一緒に演奏をする」とか、「クライアントさんに歌ってもらう」とかいうのはよく見かけるのですが、「歌を提供する」というのは見かけません。
     音楽療法士というのは、歌を提供することはないのでしょうか?

     私は元気がないとき、オペラのような音楽や、不思議な音楽で心を癒され、何とも言えない気持ちになることがしばしばあります。
     しかし、私は中学時代に吹奏楽部に所属していたというだけで、楽器の演奏はほとんど不可能です。
     でも、歌も立派な楽器のひとつなのではないかと考えると、自分の一番得意な楽器は「歌声」なんじゃないかなぁと思います。

     また、綺麗な透き通った歌声で人々の心を癒せるなんて、素晴らしいと思ったんです。
    もし、音楽療法士の資格をとったら、ボランティアなどで施設や被災地などで、歌を歌うことができればと思っています。

    しかし、そもそも音楽療法士とはそのような仕事も含むのでしょうか?
    管轄外なのでしょうか?
    調べても調べても、それだけがわからないのです。

     そして、仮にそのような仕事が音楽療法士に含まれていたとして、人の歌をカバーするというのはありなのでしょうか?(名前を出していいのかは踏不明なのですが、KOKIAさんや志方あきこさんなどの歌が好きなので、こういうのがいいなぁと感じています)

    長々と申し訳ありません。
    もしよろしければ教えてはいただけないでしょうか?

    • 堀田圭江子 より:

      みぃさん  
      こんにちは。堀田です。コメントありがとうございました。
      早速ですがご質問にお答えしますね。

      >音楽療法士というのは、歌を提供することはないのでしょうか?

      音楽療法士が歌を提供(独唱)することはあります。

      しかし
      その歌は、ただ単に癒すための歌ではありません。

      音楽療法は必ず治療目標を持って
      クライアントさんの生活や問題や症状が改善されたり解決されるように
      音楽の特性を活用して活動するものです。

      また
      音楽療法を受けるクライアントさんは
      自分が疲れているとか病気や障害を自覚できている人ばかりではなく
      自分では意識できていない人の方がむしろ多いのが現状です。

      そのような方たちに
      治療として音楽療法を実践する場合には
      癒しとしての音楽や歌はあまり現実的ではないようです。

      また
      音楽は聞く人の趣味に大きく影響されます。

      自分の好みではない音楽や声や音が提供された場合
      音楽の効果は期待できないと言われています。

      そのようなことから
      歌を提供することのみを音楽療法では使用されないのだと考えます。

      しかしながら
      自分の得意な分野を活かしたセッションは効果を生み出すはずです。

      また
      音楽の特性や音楽療法の基礎を学ぶことは
      自己満足で終わらない音楽療法を提供する上では必要なことです。

      みぃさんが
      もし音楽療法をもっと深く知ってみたいとお考えでしたら
      無料でのメールセミナーもございますので
      そちらから始められることもおすすめです。

      音楽療法メールセミナー
      http://www.horitamt.com

      では、
      参考までに。

      堀田

このページの先頭へ