寝ていてもやる時はやる (認知症の音楽療法)

本日も認知症グループのセッション。

セラピストが太鼓を差し出して、
クライアントさんがバチで太鼓を叩くというプログラム。

セラピストが
いつもの通り音楽にのって、
サッと太鼓を差し出しました。

…モソッ。

 

はっ?

 

太鼓の前に出てきたのは、黒い物。

なんじゃ、それ?

なぜか
その黒い物体は「メガネ」でした(笑)。

彼は太鼓を叩くのにバチで叩かずに
自分のメガネで太鼓を叩いたのです。
(叩く前からメガネを外して手に持っていたらしい)

それでなくて…

「反対の手に持ってるバチで叩いてください」と何回促しても
やっぱりメガネで叩いている。

ま、いいか。音出るしね(笑)。

でも
壊れても知らないよ〜。

 

彼は入室時から眠そうで、首をうなだれ下を向いたままでした。
うとうとしていたのでしょう。

それでも音楽が鳴り、目の前に何かが出されて、
反応しないわけにはいかなかったのです。

おぼろげな意識の中で太鼓を叩いたのでした。

○○さん、寝ぼけていても演奏できるなんてすごいです。
やる時はやるんですね。

 

恐れいりました。(ぺこり)



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ