高齢者向け、夏の歌を使った音楽プログラム

「高齢者向け、夏の歌を使った音楽プログラム」をご紹介します。

夏本番になりました。

しかし
外になかなか出られない高齢者の方たちは
季節を肌で感じることが難しいですね。

そんな場合には
歌や音楽で季節を感じることをおすすめします。

でも
ただ単に歌うだけでは、もったいない!

1曲を数通りに活用していく方法

1曲を数通りに活用していく

その方法をお伝えします。

曲は「われは海の子」

  1. 歌詞をホワイトボードに貼る
    番までの歌詞を模造紙に黒い太字のペンで書きましょう。
    漢字にはふりがなをつける
  2. 全員で3番までの歌詞を音読する
    声が出てなかった方がいる場合は、その方に1行だけでも読んでもらう。
  3. 全員で3番まで歌う(2回歌っても良い)
  4. 歌詞の中の単語をピックアップして意味を質問する
    「とまや」「浴み」「不断の花」など
    答えが出ない場合を想定して自分でも意味を調べておく。
  5. 全員で3番までを歌う
    「言葉の意味がわかったところでもう1回歌いましょう」
  6. 1人ずつに質問する
    「海の歌なので、泳げるか、カナヅチかをお一人ずつにお聞きしたいと思います」と質問する。
    泳げる場合は何泳ぎができるかをさらに質問すると良い。
    そして、○○人くらいの方が泳げるようでしたね、ありがとうございました」
    と全体に質問した結果をアナウンスすることでグループ全体に共有感が生まれます。
  7. 全員で3番まで歌う
    「では、最後にみなさんで歌いましょう」

このように
歌うだけではなく、質問をすることで
利用者さんはその答えを考える作業をしますので
脳トレにもなるのです。

また
歌は昔のことを想起しやすくする特性がありますので
ぜひ、歌の後には質問を投げかけて脳を活性化してみてください。

そして
われは海の子を歌った後には
山が出てくる歌「富士山」「高原列車は行く」などを
使って行くのも利用者を飽きさせないプログラムの組み方
です。

ぜひお試しくださいね。

このほかにも
高齢者向けのプログラムはたくさんあります。

詳しくは「高齢者の音楽療法1と2」でお話しします。

それでは
暑さに負けず今日も元気にまいりましょう!

音楽療法セラピスト 堀田圭江子

「高齢者の音楽療法1」に参加された受講生の感想も参考にお読みください。

※Hさん 女性(42才)介護職

高齢者への具体的なアプローチを知りたくて参加しました。

先生の経験談を通し、サポートを行う上で非常に参考になった。

クライアントを一人の人生の先輩として尊重するように心がけていたつもりでいたが、
今一度振り返り、過干渉にならないように改めて気をつけたいと思った。

堀田先生のお話がわかりやすく面白い。
長時間の講座だと思えないほどです。


※Kさん 女性(33才)会社員

先生の話一つひとつが今の自分の悩み解決のヒントになりました。

すごくためになる一日でした。
先生のお話をもっと聞かせていただきたいです。


※Uさん 女性(46才)専門職

前回の実習で不安に思ったことなどが少し解決された感じである。

音楽療法のこの勉強を通して、自分の生き方が見直せる気がしています。
まずは、自分を見ることから始めます。


※Tさん 女性(57才)介護職

高齢者の特徴を再確認できて、サポートの仕方など具体的に教えていただき勉強になりました。
高齢者の動きにくさ、視野の狭さなども体験できてよかったです。

プログラムにはバリエーションをもたせる事、
自分に正直に、自分がエネルギーを満タンにして自分のケアも大切ということが印象的でした。


※Iさん 女性(43才)会社員

改めて実感できたこと、いいと思っていたことが実は違うなど
具体的にわかったこともあり、今日も多くの学びがありました。

自分のペースで学べ、現場に活かせる学びがとても多いです。

次回の「高齢者の音楽療法2」もとても楽しみにしています。

今は音楽レクとしてさせていただいているのを少しずつ治療へと
進化していけるように、自分自身がHAPPYになれるように毎日の日常を
少しずつでも変えていけるようにと思っています。

本日もありがとうございました。


※Wさん 女性(55才)公務員

現場での具体的な事例を知りたいと思い受講しました。

講座に参加して、色々なことがわかりました。
ぜひ現場の実習に参加してみたいです。


音楽療法セラピスト養成講座は、
どの講座からスタートされても大丈夫です。

音楽の専門知識や、特別な準備は必要ありません。

10名の少人数制ですのでリラックスして参加でき、
知りたいことや聞きたいこともその場で質問可能なので、
より理解が深まります。

さらに現場実習にも参加することで
学んだことを現場で実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。

音楽療法セラピスト養成講座



コメントをどうぞ

このページの先頭へ