2015年9月の「音楽療法セラピスト養成講座」の日程が決まりました。

こんにちは。
堀田です。

早いもので7月がスタート、
あっという間に半年が過ぎてしまったと感じています。

私達現代人にとって、「時間」こそがほんとうに貴重な資産ですから
自己成長や目標達成のために一日一日を大切にしていきましょうね。

さて
9月の「音楽療法セラピスト養成講座」の日程が
決まりましたのでお知らせします。
  ↓  ↓  ↓
「音楽療法セラピスト養成講座」

それから、7月の「音楽療法概論」は残席1名ですから
お早めにお申し込みくださいね。

 

「音楽療法セラピスト養成講座」は、専門学校や大学とは違い、
どの講座から受講していただいても理解できる内容で、

お仕事や子育てしながらご自分のペースで学んでいただけるように
なっていますから安心して参加して下さいね。
  ↓  ↓  ↓
「音楽療法セラピスト養成講座」

 

参考に
受講生の感想もどうぞ!!

「音楽療法概論」に参加された方の感想

※伊東さん 女性(52才)介護職

他の学校など何件か実際に体験しに行ったりもしましたが、
自分の中で納得できないでいました。

通信で教材ばかりで実習がなかったり、実技のみだったりと。

探していると無料の音楽療法メールセミナーを知り、
私の知りたかったことと合致して、「コレだ!!」と思いました。

参加して本当に良かったです。

母親が生きているうちに音楽療法をしてあげたかったと、とても悔しいです。
でもこれから音楽療法を身につけて色々な方々にその分してあげたいと思います。


※Nさん 女性(50才)専業主婦

堀田先生から学びたいと決心したことは間違いなかったです。


※Wさん 女性(56才)ピアノ講師

ピアノ教室の講師をしており、多動児や自閉症の方への対応法を知りたい、
特養に入っている姑に音楽療法で何かできることはないか、
そして一番大きい期待は、自分はどんな人間なのか理解したいと思い参加しました。

期待通りでした。

全講座を受け終わった時、自分が自分をどう思うのか、生き方が変わるくらい
何かが動くのか楽しみになった。というのが今の一番正直な気持ちです。

堀田先生の熱意とエピソードを交えたセッションや体験談、
エネルギッシュな笑いを聞かせていただいただけで元気が出ました。

印象に残ったことは、堀田先生が「怒って良いのよ」とおっしゃった事。

自分の今までの生き方は、常に家族や周りの人たちに嫌な思いをなるべくさせないように、
両親が元気な頃は、心配をかけないように(それが両親から躾けられたことだったのだと今は思いますが)
それが主軸だった気がします。

もっと早くにこの講座に参加したかったと思いました。

まだこれから先もありますので、タフに自分とも人とも向き合いたいです。


※Tさん 女性(30才)看護師

「たくさんの経験をしてからセラピストになったほうがいいですよ」という言葉で
やろうと思っていてできなかったこと、やらなかったことを素直にやろうと思えました。
全然MT(音楽療法)とは関係ない感想ですが、、、

いつもパワフル、快活、ポジティブな先生に元気をもらえます。
ありがとうございます。


※山本さん 女性(52才)中学校教員

日本では、音楽療法の歴史が浅いだけでなく、
地方ではまだまだ認知度が低いのは事実ですが、
そのぶん、いろんな可能性があるという点に励まされました。


※Hさん 男性(71才)無職

高齢化社会における自分の立ち位置について
自分のできる事を探していた。

音楽の専門的訓練を受けていない者が、音楽療法についての知識を学ぶ機会の有無と
それを期待して、ネットで色々探した結果、この講座にたどり着きました。

具体的目標がおぼろげながら講座の中から見えてきた。

参加者の皆様は現場での経験もあり、向上心に富んで非常に熱心な方々、その中に突然飛び込み、
戸惑ったのが実感ですが、年寄りの強みを活かし、自己認識できるのではないかとの
希望を持たせていただきました。

有難う!!


※Fさん 女性(65才)無職

「自然治癒力」と聞いてはっとした。

ナイチンゲールは病人の持つ自然治癒力を出せるように
環境を整える事が看護だという内容を述べている。

その通りだと腑に落ちた。


参加いただいた皆さんありがとうございました。

「音楽療法セラピスト養成講座」
の詳細はこちらで確認して下さいね。
  ↓  ↓  ↓
「音楽療法セラピスト養成講座」

では今日はこのへんで。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ