2017年7月の音楽療法セラピスト養成講座の日程が決まりました。

堀田です。

GWも目前ですね。

まとまった時間をとって、日頃できないことにチャレンジするチャンスです。
ぜひ計画的に過ごしてください!!

さて本日は
7月の音楽療法セラピスト養成講座の日程が決まりましたので、お知らせします。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト養成講座

GW明けにぼや~としないためにも
連休明けの計画もしっかり入れてください!!

「音楽療法セラピスト養成講座」が選ばれる理由

専門学校や大学とは違い、終了期限がありません。
またどの講座からでもスタートできます

お仕事や子育てしながらでも、ご自分のペースで、
必要な講座を選んで学んでいただけるようになっています。

また、
楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても大丈夫です。

それから
実習制度もあります。

音楽療法を実践するには
知識だけでなく
現場での実践がとても大切です。

実習をしながら確かなスキルが
身につくようご指導いたしますので安心してご参加ください。

講座の詳細はこちらです。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト養成講座
5月、6月の講座日程も合わせてご確認くださいね。

「高齢者の音楽療法2」に参加された受講生の感想もお読みください。

※Sさん 女性(23才)介護職・音楽療法士

音楽療法士としてだけでなく、
介護に関わる人間としてのあり方を学ばせていただいたように感じます。

私たちは何かをしてあげる、与える存在ではなく、
「自分に必要なものは自分が持っている」
それを引き出す存在だという言葉がとても心に残りました。

現在ディケアでの大グループのセッションを行なっておりますが、
忘れかけていた基本的なことを再認識したり、新たな知識を増やすことができました。

資格を取って終わりじゃなくて、そこからがスタート、もっと学びたいという気持ちが強くなりました。

「介護職員としてではなく音楽療法士として働く」ということを
将来、自分がどうありたいかを考えていかなければならないと思いました。


※Fさん 女性(26才)介護職

特養で音楽の担当をすることになったが
「レク」や「楽しかった!」で終わってしまっていたので、
しっかり知識をつけて音楽療法をしたいと思い参加しまた。

効果や治療目的、プログラムの構成や楽器の選択について学ぶことができた。
理解する姿勢の大切だがわかった。

今回も楽しく、たくさん笑わせてもらいました。

隣の人と取り組むワークで、自分とは違った意見が聞けたり、
考えたりできたりするので頭を使えました。

自分自身を理解するということの大切さがわかりました。
(自分のことをわかっているようで100%はわかっていない)


※Uさん 女性(46才)専門職

現在の職場(保育現場)での問題に対しての不安と疑問が解決でき、
心のモヤモヤが取れたのがとっても不思議です。

先生の知識と経験に基づいたしっかりとしたお話が心に響きます。

風邪気味で、あまり体調良くなく出席したのですが、
時間経過とともに元気になっていく自分がおりました。


※長島さん 男性(52才)介護職

高齢者の音楽療法セッションを行う上で、
プログラムを立てる順序や大切なポイントを知ることができました。

大学等に通わなくても、
都合の合う日程で勉強を進められるカリキュラムなので参加しやすいです。


※Yさん 女性(54才)その他

高齢者施設に歌や音楽を楽しむスタイルでボランティア訪問を定期的にしているんですが、
訪問するたびに能力が低下しているのが目に見えてわかる方を何人も目にしてきて、
せめて現状維持ができるように何かできるようになれるのならと思い参加しました。

知らなかったこと、大切なことが学べてことは大きかったです。

かなり遠方から参加の方が多く驚きました。
都内にいて、時間ができればすぐに学べることに改めて恵まれていると感じました。

堀田先生が、例としてあげてくださることが、とても頭に入ってきました。
ありがとうございました。


※Sさん 女性(60才)介護職

高齢者1からさらに深めて実際のセッションにどのように結びつければ良いのか?
勉強できればと思い参加しました。

少しずつですが、いろいろな例を織り交ぜて話してくいただく中で、
自分なりに整理ができてきたと思います。

自分の都合の良い日程に合わせて受講できるため勉強をマイペースで続けられます。

毎回あっという間に1日の授業が終了してしまいます。
家に帰りふりかえると覚えているつもりでも、不勉強さが身につまりますが、
焦らず自分のペースで勉強できればと思います。
これからもよろしくお願いします。


※Yさん 女性(51才)介護職

ディサービスでレクレーションを担当することがあるがマンネリ化したり
利用者にとって楽しんでもらっているのか?また楽しんでもらっているだけでいいのか?など、
日々思いながらやっていました。

音楽レクの中でもその利用者さんの意欲や持っている力を引き出せるように
アプローチしていく方法を学びたいと思い参加しました。

その人をしっかり見る、情報収集をする、何がその人にとって必要かをベースに
大グループと小グループ別の注意点、セラピストとしてその時間は毅然とした態度で
セッションする心構えで臨むことが大切だと聞き、今後の心構えとしてやっていきたいと思いました。

堀田先生の20年以上ものセッションの経験談と各講座の充実度が高く、
長時間ですが眠たくならないです。

来週もどうぞよろしくお願いし致します。


詳細はこちらです。
↓ ↓ ↓
音楽療法セラピスト養成講座

連休明けの計画を立てるためにも
5月、6月の講座も合わせてご確認くださいね。

それでは、今日も1日張り切っていきましょう!

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントをどうぞ

このページの先頭へ