音楽療法は常に現状を把握することが大切です。

昨日も午前中に老人ホームでセッションをやってきました。

ですが、
いつもより開始時間を30分早くしました。
(諸事情により)

 

それで、
なんかいつもと雰囲気が違うのです。
クライアントさんたちに元気がありませんでした。

「○○さん、眠いですか?」すかさず私は質問しました。
「そんなことないです」と答えるクライアントさん。

別の人に同じく聞くと、
「年中頭がぼーっとしてます!」

アハハ、そこは張り切って答えるとこじゃないんだけどね(笑)。

でも、
半分くらいの人がまったりムードでした。

そして
前半が終わり後半に入って、ようやくいつもの活気が戻ってきました。

セッション後
「今日はスロースタートだったね」と
他のスタッフとも話をしていると、

施設職員の方から
「30分違うと全然反応が違いますね。」とコメントが。

でも、
「30分早いのは今回が初めてじゃないのに、なぜだろう??」ってことになり

結局、
イレギュラーなことに対応できなくなってきた

⇒ 様々なレベルも低下してきた

ということではないかとなりました。

実はこのグループは
認知症の方は少数で、見かけは認知がないと思われる方の方が多いのです。

会話も成立しますし、指示も理解できる。
ジョークも通じるし、2部合唱もできる方もいます。

それだけに
現状が見えにくいというところもあるのです。

しかし、
今回30分開始時間を早める事で、
「見かけよりもレベルが低下していた」という現実を知る事ができました。

いやはや
おかげで治療目標を修正できました。

音楽療法は
●常に現状を把握し、それに沿った治療目標を設定する
ことが大切です。

そのことを再確認した出来事です。

あなたの参考になりましたら幸いです。

では、また。

音楽療法士  堀田圭江子

追伸:先日「音楽療法セラピスト養成講座 セラピストの自己理解」を開催しました。
充実した1日を参加者の皆さんとおくれました事、ココロから感謝します。

次回は、「音楽療法概論」です。

残席わずか。

お申し込みはお急ぎ下さいね。
ここをクリック ⇒ 音楽療法概論



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ