セラピストは「知りたがり屋になる」です。

こんにちは。
音楽療法士の堀田です。

さて、 今日は,
先日開催しました「事例研究」の講座の中から 内容を1部ご紹介します。

今回の講座で私がお伝えしたかったことは…。

セラピストは 「知りたがり屋になる」です。

音楽療法を行うと、必ず何らかの結果が出ます。

例えば 歌を歌って、クライアントさんが発語が増えた。

その結果について 「よかったねー」で終わってしまったらいけません。

そこで
「なぜ発語が増えたのか?」と考えてみるのです。

  • 選曲がクライアントの記憶にヒットしたのか?
  • ストレスが解消できてのか?
  • 歌えることから自信が回復したのか?
  • スタッフの誰かが気に入ったのか?
  • その日のグループの雰囲気が良かったのか?
  • 歌いやすい伴奏だったのか?

などなど、理由はたくさん考えられるはずです。

 

このように
セラピストはクライアントさんの反応や結果に
つねに 「なぜ?」という理由や根拠を探す視点を持っていたいものです。

その視点を持っていると
根拠や理由が明確になるので、 自信を持ってセッションすることができます。

そうすると、
「音楽療法って効果あるんだけど、 なぜ効果が出るのかよくわかってないんだよね私」

などと思いながらセッションしなくていいわけです。

 

そして
クライアントさんのご家族や他職種のスタッフにも
自信もって音楽療法の効果を伝えることができるようになります。

 

しかし
普段から根拠や理由を知りたがるクセをつけておかなければ
なかなかすぐに音楽療法の現場で使えません。

ですからどうぞ
日頃から「知りたがり屋」を実践してみてください。

  • どんな原因があるんだろう?
  • 何が影響しているんだろう?
  • あの人はなぜ怒っていたんだろう?
  • 私はなぜ断りたいのに引き受けてしまったのだろう?
  • 私はなぜ後回しにするんだろう?

物事には必ず理由があります。

また
質問することで、理解が深まります。

まずは 自分にたくさん質問をすることから始めてみましょう!

知りたがりの堀田より

今日はこのへんで。

音楽療法士  堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ