「集中して聞くことのメリット」についてお話しますね。

こんにちは。 堀田です。

さて本日は
集中して聞くことのメリット」についてお話しますね。

先日、
私はある心理療法のセミナーに参加してきました。

そのセミナーは 自分の気持ちや感情に気づき

そして
その自分をありのまま受け入れていくことを学ぶものでした。

そのひとつの方法に瞑想があり
私はいろんな瞑想を体験してきました。

 

その場面で、、、

私たち受講生が目を閉じてスタンバイしていると
どこからか
「ち~ん。ち~ん。」と鐘のような音が聞こえてきました。

その鐘の音は3回続きました。

そして
それから20分間の瞑想に入っていきました。

 

瞑想終了

知りたがり屋の私はすぐさま先生に
先ほどはなぜ鐘を鳴らしたのですか?」
「あの鐘はどのような意味ですか?
」と質問しました。

 

先生は
「あの鐘は、この音だけに集中してください。
聞くことだけに集中してください。
と言う意味ですよ。」と 答えてれました。

 

なるほど。

そこで私は思ったのです。
「音に集中するために楽器を使うことは、
音楽療法でもいつも行っていることだよね。
数千年前からもやはり同じ活用方法があったのだね。」
と。

 

音楽療法の場面では
高齢者の耳が聞こえにくいと言われている方にも

または
自閉症やADHDのお子さんにも

小さい鐘の音が出る楽器は、聞く集中力を高めるためには有効です。

 

聞く集中力が高くなることで、クライアントさんたちには
どんなメリットがあるかというと…

例えば

高齢者の方なら

  • 介護者や家族、周囲との会話が増える。
  • よいコミュニケーションが増える。寂しくない。

自閉症の方なら

  • 介護者や家族に意志が伝わりやすくなる。
  • お互いにストレスが減る。

などがあげられますよね。

このように
聞くことを無意識に行っていますが
意識的に行うことでメリットがたくさんあります。

しかし
無意識を意識化して行動に移すことは簡単ではないことも
みなさんよくご存知だとも思います。

でも
無理なく楽しくできるのが音楽療法です。

 

そんな
たくさんある音楽療法の効果や楽しさに、
一人でも多くの方に触れていただけたら
うれしいと思います。

そして同時に
実践できるようになってもらいたいと
開催しているのが音楽療法セラピスト養成講座です。

詳細はこちらです。
>>>音楽療法セラピスト養成講座

では、今日はこのへんで。

音楽療法士  堀田圭江子

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ