音楽療法でクライアントさんと信頼関係を作るコツ

「音楽療法でクライアントさんと信頼関係を作るコツ」というお話しです。

信頼関係はいまさら言うまでもなく
どんな場面でも重要ですよね。

ちなみにあなたは
他人から信頼してもらうためにどのようなことに気をつけていますか?

例えば

  • 相手の話をよく聞く
  • 相手の目を見てコミュニケーションする
  • 相手の話に相づちを打つ
  • 相手を尊重する

などをされているかもしれませんね。

それで
相手があなたに対して
信頼を寄せてくれているなあと感じられればいいのですが、

でも
今ひとつ、しっくりいっていないと思われる場合には
次のことが足りないのかもしれません。

それは
「自己開示」です。

自己開示とは
自分を相手にどんな人間かを伝えていくもの
です。

他人と信頼関係を作る際には
まずは
自分がどのような人間かを相手に伝えることが必要になります。

なぜなら
人を信用する時には
その人の情報が必要であり
何もなければ判断できないからです。

もし信頼関係がうまく作れてない場合は
あなたの情報が相手にとっては
まだ足りないのかもしれないのです。

実は
音楽療法でも
クライアントさんとの信頼関係を抜きにしては
治療は進めることはできません。
信頼関係はとても重要です。

なので
まずセラピストは
クライアントさんに
話したり表情に出したりして自分がどんな人間かを伝えます。

そして
少しずつクライアントさんに信用してもらい
信頼を築いていくのです。

あなたも、
周りの人との信頼関係がいまひとつしっくりいってない場合は
どれだけ相手にオープンにできているかを
今一度、確認してみてくださいね。

でも確認した後

  • 自分をオープンにするって、どうやったらいいかわからない
  • どのくらいオープンにしていいの?
  • 自分の弱みもオープンにするの?

などの不安が出てくるかもしれません。

でも安心してください。
その疑問や不安にお答えできるのが
こちらです

では
今日も1日元気にまいりましょう!

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ