なぜ、セラピストこそ自分を理解しなければいけないのか

さて本日は 「なぜ、セラピストこそ自分を理解しなければいけないのか」についてです。

音楽療法を実践するために
「セラピストが自分を理解する必要ってあるの?」
と思われている方もいるかもしれません。

しかし
セラピストこそ自分を理解している必要があります。

なぜなら、、、、
音楽療法は
音楽持っている力を理解している人が、目的を持って音楽を使う活動です。

そして
音楽を活用する人間の人間性も大きく影響するからです。

となると
セラピスト自身は、

  • 「自分がどのような特徴を持っているか」
  • 「自分がどのような人間か」

を知っていることはとても大切なことになります。

 

ですので、
音楽療法セラピスト養成講座には
「セラピストの自己理解」という講座があるのです。

「セラピストの自己理解」では、

  • 自分が無意識に使っている言葉や口癖に隠されていることを知る
  • 自分が自分をどのような人間だと認識しているかを知る
  • 他人から自分はどのような人に見られているか
  • まだ自分が気づいていない自分を発見する
  • 自分の特徴はどのようにして作られたのかを知る
  • 一歩踏み出せない自分の理由を知る

そして

  • 「今までと違う自分になるための、新しい行動を見つける」

という内容で進めていきます。

当日は
音楽療法のスキルについてのお話しではなく
自分を知る一日です。

いろんなワークやちょっとした心理テストなども交えて
楽しく自己理解を深めていきます。

音楽療法を実践したり学ぶ方以外の方でも
気軽に参加していただけます。

今までも
就職活動を控えた学生さんや、専業主婦の方も参加されております。

自分をもっと知りたい方
人間関係でモヤモヤしている方にもオススメの講座です。
音楽療法セラピスト養成講座「セラピストの自己理解」

参加された方の感想をご紹介します。

「セラピストの自己理解」に参加された方の感想

※伊野さん 女性(33才)会社員

楽しかったです。

何より、泣いてはいけない等の抑えこまれた感情は良くないという
人間として大切な部分を改めて教わったと思います。

負の感情もあってこその人間、認めて初めて次へ進める大切さを教わりました。

ありがとうございました。


※Sさん 女性(46才)自営業

これからの私に大変必要なことと心から感じました。


※Tさん 女性(30才)看護師

朗らかな笑い方・声、大好きです。

テキストに書かれていない、先生の格言?!が心に染み渡りました。

ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。


※山本さん 女性(52才)中学校教員

堀田先生のエネルギッシュでわかりやすい講座は
期待していたとおりで参加して良かった。

堀田先生の明るさと笑いがとても心地良かったです。

視覚、聴覚、触覚のグループワークはとても楽しかったし、
それぞれに対する褒め方が違っていることも勉強になったので、
学校現場で活かしていきたいです。

本日はありがとうございました。


※Tさん 女性(48才)介護職

堀田先生のサックバランな話がとてもわかりやすく期待通りでした。


※Sさん 女性(45才)専業主婦

二度目の「セラピストの自己理解」でしたが、
自分のクセの再確認や両親に思っていて忘れていた感情を思い出せたことで
「そうだったか!」と気持ちが軽く楽になりました。

ありがとうございました。

堀田先生の音楽療法は、セラピストもクライアントも
人と人として向き合えると思えるからもっと学びたいです。

今日も音楽療法を行う上でもちろん、生活の中で自分を見つめて変容していける
内容を楽しく学ばせていただきました。

本当にありがとうございました。


音楽療法セラピスト養成講座
の詳細はこちらで確認して下さいね。
音楽療法セラピスト養成講座「セラピストの自己理解」

では今日はこのへんで。
音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ