セラピストに必要なこと

「セラピストに必要なこと」というお話しです。

あなたと一緒に
セラピストにはどんなことが必要かを考えていきたいと思います。

まず
セラピストは人と接する仕事ですね。

なので
「人と接することが平気であること」
が必要です。

それから
セラピストは専門家ですので
「専門知識とそのトレーニング」が必要です。

また
いろいろなクライアントにいろいろなことを言われたり、
拒絶されたり、無視されたりすることもあるけれど
それでもめげないで続けていく
「勇気」が必要です。

そして
クライアントのことを
「尊重し受け入れていく態度と姿勢」が必要です。

さらに
セッション中、想定外のことやマイナスなことが起こっても
慌てない「冷静さ」や「落ち着き」も必要です。

最後に
セラピストは
「自分自身を知っていること」が必要です。

なぜなら
セラピストの発する言葉や行動全て・考え方が
クライアントに影響しセラピーの効果にかかわるからです。

例えば、、、

クライアントに「○○はどうですか?」とセラピストが質問して
クライアントが数秒答えなかったので
「○○なんですよね」と代わりに答えたとします。

この場合
セラピストは「クライアントに嫌な思いをさせてはいけない」という考えから
代わりに答えたところでしょうが
クライアントに答える時間を与えていませんね。

つまり
おせっかいになってしまっています。

セラピーでは
クライアントの力を引き出すことを大切にしていますので
おせっかいをしてしまうと
クライアントが自分の力を発揮することができなくなってしまいます。

セラピストが良かれと思ってやったことも
実は
クライアントにとってはよくなかったことだったということが結構あるんです。

というわけで
セラピストはまず
自分はどのような考え方の傾向(クセ)があるか
つまり「自分自身を知っていること」が最も重要なのです。

でも
自分の考えの傾向(クセ)と言われても
血液型が星座でわかることでもないですし(笑)
なかなか難しいものですよね。

だけれど
自分に興味があるし、もっと自分のことをわかりたい・知りたい
と思われるならぜひこちらを。
↓  ↓  ↓
「セラピストの自己理解」

今まで気づかなかった自分に気づき
新しい自分を発見できることでしょう。

「セラピストの自己理解」に参加された方の声も参考にどうぞ。

※Hさん 女性(42才)介護職

ワークをたくさん行って自分が気づいていないことを
指摘してもらえらのが有りがたかったです。

潜在意識が現れてくるということも教えていただき、
自分と向き合うことの大切さが改めて身にしみました。

ワークをたくさん行っていただけたので、ただの座学より入ってきやすかったです。
先生のお話もわかりやすく入ってきやすい内容でした。
ありがとうございました。


※Wさん 女性(54才)介護職

利用者さんの対する向き合い方、私自身が今まで行ってきた介護も振り返り、
忘れていたこと、気が付かなかったことを改めて学ぶことが出来ました。

人間と人間の関わりがいかに大切かということに気が付きました。

これからの自分の生き方も改めて考える切っ掛けとなり大変有意義でした。
ありがとうございました。

あっという間の1日でした。
人と人との関わりや信頼関係無くしては成立しない仕事についていると
改めて感じることが出来ました。

堀田先生にパワーと元気をいただけたような気がします。
明日は利用者さんとどうやって一日楽しもうかとワクワクとした気持ちになりました。


※Aさん 女性(43才)介護職

自分が自分でよくわからなくなり、混乱していたので
辛いかもしれないが内観できるチャンスだと思い参加しました。

いろんなワークを通して、潜在意識の自分に気づくことができ、
今、ここの、ありのままの自分を知ることができた。

この講座を受講し、まさに堀田先生が自己開示されているから
このように和やかで飾らない空気感の中で、心地よく学ばせて
いただけるんだなぁと感じました。
受講生のお皆さんも本当に楽しい方ばかりで!!

本日もありがとうございました。


※Kさん 女性(36才)専門職

自分を理解するためにはもう少し時間がかかりそうですが、
いろいろなワークを通して客観的に自分を見つめる良い機会になりました。

いつ、どんな場所でも自己開示できる自分になりたい!
なっていこう!ととても思いました。

とても楽しく、いろいろな発見や気づきを与えてくださりありがとうございました。


※Tさん 女性(30才)専門職

自分の気持ちに正直になって良いことを知った。
自分の選択に責任を持って頑張れる気がしている。

セラピスト(作業療法士)として対象者と向き合うときにも役に立つ内容だった。

はじめに堀田先生がとても生き生きしていることを感じました。
講座の雰囲気が暖かく、自分が受け入れられていると感じることができました。
ありがとうございました。


参加された皆さんが、
今まで気づかなかった自分に気づき
すっきりとした表情になって輝いていたようでした。

「音楽療法セラピスト養成講座」は、専門学校や大学とは違い、
終了期限がありません。

どの講座からでもスタートでき、
お仕事や子育てしながらあなたのペースで
必要な講座を選んで学んでいただけるようになっています。

また、
楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても学べます。

それから実習制度もあるので学んだことを
現場で実践しながら確かなスキルとして
身につけていただけますから安心して参加して下さいね。
↓  ↓  ↓
音楽療法セラピスト養成講座

では今日も1日元気に!

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントをどうぞ

このページの先頭へ