私の失敗談から「セラピストの心理状態はクライアントさんに影響する」

こんにちは、堀田です。

数年前にあった私の失敗談です。
「セラピストの心理状態はクライアントさんに影響する」

というお話しをしようと思います。

その日のセッションは
認知症の方たちのグループで、発語もなく活気がない方たちが多かったのです。

いつものようにセッションを開始し
プログラム中盤の太鼓の模倣のプログラムになった時でした。

私はあるクライアントさんにリズムを叩いてモデルをしましたが
そのクライアントさんは叩こうともせず
バチを持ったままうなだれていました。

「◯◯さん、はい、真似してみてください」と
何度かいいましたが、全く反応しません。

私は心の中で
「あれ?具合悪いのかな?機嫌悪いのかな?どうしたんだろう?」
と思いましたが、表情や声のトーンは明るくしていました。

再度
太鼓を叩いて見本を見せましたが、何も反応なし。

とほほ。

それでも
「◯◯さん、どうですか?太鼓やりませんか?」

などと声をかけてみましたがやはり反応なく
いつもはどんなに調子が悪くても顔だけはあげてくださるクライアントなのに今回は見事撃沈しました。

なぜ太鼓をしなかったのか
そのセッション時にはわかりませんでした。

しかし後でよく考えるとちゃんと理由があったのです。

その理由とは
クライアントさんにあったわけではなく
私、つまりはセラピスト側にあったのです。

 

実は
セッションの前日の夜に
私は主人とささいなことで喧嘩をしました。

そして
ちゃんと話しあいもせず私は一人で勝手にプリプリ怒っていました(笑)。

その心理状態でセッションしていたのです。

もちろん
仕事ですので、いつもと同じ表情で声も明るくセッションしていました。

しかし
クライアントさんは、表面では優しくしていても
心の奥にある私の怒りを感じていたのだと思います。

それで
クライアントさんは
「おや、今日の堀田先生はなんだかいつもと違ってるな」
と心の中で感じ、どのように反応したらよいか困惑して
無反応になってしまったのかもしれないのです。

そのことに気づかせてもらえたクライアントさんには感謝であり、
もっとセラピストとして自分の気持ちにも
意識を向けていかなければいけないと決意した出来事でした。

 

というわけで
セラピストや援助職の人は、
心身共に健康であることが理想です。

でも
なかなか普段の生活では、
自分のために時間を作ったりすることが難しいかもしれません。

わかります。

しかし
援助職の方こそ、心の底から元気でいる必要があります。

だって
自分の目の前の利用者さんやクライアントさんに
自分の心理状態が影響してしまうかもしれないのですから。

心の底から元気になるためには、、、

「心配なことや不安なことを解決する」ことです。

 

しかし
どこから手をつけていけばよいかわからなくなっていることも多いものです。

その第一歩としてまず、
「自分の考え方の傾向や特徴を知る」
ところから始めてみてはいかがでしょう。

 

問題が解決できない理由には
自分の心や頭の中だけで同じ考えが何度も周り、堂々巡りしていることも多いですよね。

でもそんな時
他人からの視点があれば、自分を客観的にみられたり
問題の捉え方が変わることもあると思います。

そのように
自分のことは自分が一番わかっていなかったりするので
角度を変えてみたり、いつもと違う人からの感想などで
自分を別の角度から理解することが必要になります。

とはいえ
そのような機会もなかなかあるものではないですよね。

というわけで
自分をもっと知りたい方へお勧めの講座が
セラピストの自己理解」です。

セラピストを目指している方はぜひ参加していただきたいですが

その他にも

  • 転職や就職を考えている方の自己分析のために
  • 家族や周りの人たちともう少しうまくやっていきたい方の人間関係のヒントに
  • 自分を今は嫌いだけど、好きになりたいと思っていらっしゃる方の自分を知るきっかけに

していただけたらと思います。

 

参考に
受講生の感想もどうぞ!!

「セラピストの自己理解」に参加された方の感想

※伊野さん 女性(33才)会社員

楽しかったです。
何より、泣いてはいけない等の抑えこまれた感情は良くないという
人間として大切な部分を改めて教わったと思います。

負の感情もあってこその人間、認めて初めて次へ進める大切さを教わりました。

ありがとうございました。


※Sさん 女性(46才)自営業

これからの私に大変必要なことと心から感じました。


※Tさん 女性(30才)看護師

朗らかな笑い方・声、大好きです。

テキストに書かれていない、先生の格言?!が心に染み渡りました。

ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。


※山本さん 女性(52才)中学校教員

堀田先生のエネルギッシュでわかりやすい講座は
期待していたとおりで参加して良かった。

堀田先生の明るさと笑いがとても心地良かったです。

視覚、聴覚、触覚のグループワークはとても楽しかったし、
それぞれに対する褒め方が違っていることも勉強になったので、
学校現場で活かしていきたいです。

本日はありがとうございました。


※Tさん 女性(48才)介護職

堀田先生のサックバランな話がとてもわかりやすく期待通りでした。


※Sさん 女性(45才)専業主婦

二度目の「セラピストの自己理解」でしたが、
自分のクセの再確認や両親に思っていて忘れていた感情を思い出せたことで
「そうだったか!」と気持ちが軽く楽になりました。

ありがとうございました。

堀田先生の音楽療法は、セラピストもクライアントも
人と人として向き合えると思えるからもっと学びたいです。

今日も音楽療法を行う上でもちろん、生活の中で自分を見つめて変容していける
内容を楽しく学ばせていただきました。

本当にありがとうございました。


参加いただいた皆さんありがとうございました。
講座の詳細はこちらで確認して下さいね。
↓  ↓  ↓
音楽療法セラピスト養成講座

 

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ