レクリエ、2014年11・12月号発売のお知らせです。

こんにちは、堀田です。

さて本日は、
レクリエ、2014年11・12月号発売のお知らせです。

今号は、
「クリスマスレクリエーション」がテーマです。

堀田担当の音楽療法のページはP62からで、
レクをマンネリ化させない「楽器演奏」について書いています。

こちらの記事で、
マンネリ化を防ぐには、簡単でもいいので
まず「目的を持つ」ということが必要です。

とお話しましたけど、

今号のレクリエ11・12月号では、
タンバリン・鈴・カスタネットなど簡単な楽器を使った
目的別のプログラムをイラストを交えて5つ紹介しています。

さらに「60分の時間配分付きプログラム例」も書いていますので参考にしてください。

レクリエ2014 11・12月 制作・ゲーム・運動 介護の現場で役立ちます! (別冊家庭画報)

では、今日はこのへんで。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子

追伸:
おかげさまで土日に開催する「音楽療法概論」は満席になりました。
ありがとうございます。

年内の音楽療法セラピスト養成講座は、
「高齢者の音楽療法1・2」
そして高齢者に多い「脳血管性障がいの音楽療法」、

他にも「記録と評価」
「セラピストの自己理解」
「事例研究」
と続きます。

どの講座から参加しても大丈夫なカリキュラムになっていますので
あなたのスケジュールに合わせて参加してくださいね。
>>>音楽療法セラピスト養成講座

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ