音楽療法は介護する人にもメリットがあります。

今日は「音楽療法は介護する人にもメリットがあります」というお話しです。

先日ある高齢者施設で
音楽療法をしてきました。

そのセッションには
90才代の認知症の女性Aさんが参加しています。

Aさんは
普段、自分の世界に入っていて
ブツブツと独り言を言っています。

また
どこか寂しそうで、
表情は曇っていることが多いです。

そして
夜間は大声で叫ぶこともあり、、、、。

職員さんからは
「近寄りがたい」
「コミュニケーションのとり方がわからない」
と言われている方です。

そのAさんですが
先日のセッションでこんなことがありました。

太鼓のリズム模倣のプログラムをした時のことです。

私が先に太鼓を叩き
Aさんに「同じように叩いてください」というと
見事に5パターンを模倣してくださったのです。

私は
「Aさん、すごいですね。全部できましたよ。」
と言いました。

するとAさんは
「ぜーんぶ、間違えないでできた。胸がスーッとしました。」

と言われたのです。

私は
「胸がスーッとしたんですね。よかったー。」
と応えました。

Aさんは
「ありがと。ありがと。」
となんども言って
満面の笑みを見せてくれました。

本当に私も嬉しくなりました。

セッション後のミィーティングで
私とAさんのやりとりを見ていた職員さんが

「Aさん、嬉しそうでしたね。
そして、先生との会話がちゃんと成立してましたよね。
びっくりしました。

あれを見て思ったんです。
今まで私たちが、Aさんは通じない人って思い込んでいたなと。

でも間違いだったので、
他の職員にも今日のことを伝えて、どんどん話しかけてみます。

今日、セッションに参加できて私も良かったです。」

と言われたのです。

それを聞いて
またまた私も嬉しくなりました。

音楽療法では
クライアントさんの普段見られない反応を見ることができます。

その反応は
クライアントさんの大切な情報
です。

その情報は
セラピストだけでなく
クライアントさんと関わる人や介護する人にとっても有益なものです。

なぜなら
その情報があることで
クライアントさんを多面的に捉えられ
クライアントさんに対して
適切なサポートを提供することができるからなんです。

適切なサポートは
クライアントさんも介護する人も
両方を楽にしてくれるものですよね。

そんな
適切なサポートを導ける音楽療法は
実はいろいろなプログラムがあります。

しかし
そのプログラムは難しいものではありません。

シンプルで楽しく
ピアノが弾けなくてもできるプログラムです。

音楽レクでも
活用していただけます。

その詳しいお話はこちらです。
音楽療法セラピスト養成講座「高齢者の音楽療法2」

ぜひ
確認くださいね。

音楽療法セラピスト養成講座は、
今の仕事を続けながら、又は子育てしながら
どの講座からスタートしてもOKですし、修了期限もありません。

あなたにとって必要な講座から学べ、
受講する順番にも決まりはありません。

もちろん楽器が弾けなくても、
音楽を専門的に勉強していなくても学べます。

さらに現場実習にも参加することで
講座で学んだことを現場で実践しながら
確かなスキルとして身につけていただけます。

音楽療法セラピスト養成講座

「高齢者の音楽療法2」に参加された受講生の感想も参考にお読みください。

※Hさん 女性(42才)新潟県 介護職

より実践に近い内容を学べると期待して受講しました。

大グループ、小グループでの注意点や楽器の選択の仕方など非常に参考になりました。

何回か講義に参加させていただいて実りのある時間を過ごせています。
毎回参考になります。


※Hさん 女性(59才)静岡県 会社員

音楽レクは学べるところが多々ありますが、
実際に音楽療法となるとなかなか場所がありません。

この講座は、あらゆる場面(脳、高齢者、障がい児など)での勉強ができるため
知識の豊富な先生に納得です。

すべての講座を受けるつもりで頑張ります。


※Sさん 女性(50才)千葉県 その他

高齢者の音楽レクを行っていて、
症状の違う方たちが混ざっていてのセッションに悩んでいました。
レクから療法としてのセッションを自信を持って行えるようになりたいと参加しました。

実際の現場でのお話が中心なので参考になること、
自分の現場で実際に起きていて困っていることのお話ばかりで、
本当に一つたりとも聞き逃したくないほどの内容です。


※Iさん 女性(43才)福岡県 介護職

実践に(今はまだレクとしてですが)反映させたい、
頭を柔らかくしたいと思い受講しました。

毎回、先生のおっしゃる一言一言がありがたいです。
また、一度受講して、とても学びが多く実践に役立つものが多いです。

いつも、結局は自分なんだと、自分次第なのだと思います。
知識は持ちろんのこと、どんな人間でありたいかと思うことで、
少しずつでも自分が変われるように努力の日々です。

毎回多くの学びを、体験をありがとうございます。


音楽療法セラピスト養成講座

それでは
今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントをどうぞ

このページの先頭へ