「音楽療法セラピスト講座」を受講された方のその後を紹介します。

こんにちは、堀田です。

さて本日は
「音楽療法セラピスト講座」を受講されて
 現在活動されている方をご紹介します。

おかげさまで
この講座もまもなく丸5年になります。

たくさんの方々が学ばれて、それぞれの領域で活躍されております。

今回ご紹介させていただきます金光さんは
現在、高齢者施設で音楽療法を実践していらしゃいます。

元々、金光さんは
神奈川で数十年ピアノ教室を主宰され
たくさんの生徒さんの指導にあっておられました。

しかし
数年来から耳にしていた「音楽療法」という言葉が忘れらず
いろいろ調べていたところ
「音楽療法セラピスト講座」をWEBで見つけたそうです。

そして講座を受講したところ

金光さんいわく
「ビビットきました」(笑)ということで
積極的に講座を受講され、実習も行い
めでたく音楽療法セラピストの認定を取得されました。

その後、故郷の熊本へ転居され
現在は熊本で高齢者施設を中心に
音楽療法セラピストとして活躍されています。

まだまだ
地方では音楽療法が知られていないため
思うように活動の場を広げられない側面はあるとは聞いております。

しかし、金光さんの持ち前の明るさと元気さで
どんどんいろんな場所へ出前セッションされたりして
活動の場を開拓されているのは、
さすがだなあと脱帽しております。

地元のメディアでも紹介

地元新聞の紹介記事

地元新聞の紹介記事

その積極的な活動が地元では話題となって
先日は地元での新聞にも紹介されたとお知らせをいただきました。

また
他の月刊誌や施設の情報誌にも紹介されているとのことです。

すばらしいですね。
これからも、活躍されることを期待しております。 ぜひ頑張ってくださいね。

 

施設情報誌にて

施設情報誌にて

実は金光さん以外にも音楽療法セラピスト講座を受講された方々の活躍ぶりをメールでお知らせいただくことがあります。

ありがとうございます。
本当に嬉しい限りです。

これからも
受講生の方を始め
認定された方々へのサポートもしっかりさせていただきます。

 

それで、、、
本当にすばらしい音楽療法ですが

私が音楽療法を気に入っているところは

音楽療法でクライアントさんたちがハッピーになるところはもちろんですが
セッションを通して、セラピスト自身が成長したり
ハッピーになることができるところなのです。

とはいえ
・いいセッションするためには
 クライアントさんと真剣に向き合わなければなりません。

・クライアントさんと真剣に向き合うことは、
 実は、セラピスト自身と向きあうことにもなるのです。

・なぜなら
 クライアントさんは自分の鏡なので
 自分の心にあることを全て映し出して見せてくれます。

・そして
 その見えてきた部分やうまくいかないところを
 どのようにとらえてどのように変化させていくのか?が課題としてでてきます。

・その課題のクリアを真剣にやり続けると
 いいセッションができます

・結果
 自分も成長していくわけですね。

クライアントさんだけではなく、
セラピストにも効用がある音楽療法にご興味がわいてきましたら
「音楽療法概論」から学びをスタートさせてみるのも
秋の季節いいかもしれませんね。

>>>音楽療法セラピスト養成講座

 

では
今日はこの辺で。

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ