「耳休み」についてお話します。

こんにちは。
音楽療法士の堀田です。

今日は「耳休み」についてお話します。

私たちの耳は
カラダのどの部分より働き者だったって知ってますか?

ちょっと変な話ですが…
「亡くなった人の枕元でその人の悪口を言ってはいけない」と
私は母に聞かされました。

聞いたその時は小さかったので、
その意味はあまりわかっていなかったのです。

なんか「言い伝えみたいなものかなあ」と
ただ、怖い感じがしただけで(笑)。

ですが、大人になってから
脳外科の先生がこんな話をして下さいました。

人間の耳は、心停止してもまだ聞こえていることがある」と。

げっ!母が言ってたのは、ホントだったんだ…。

というわけで
私達の耳は目覚めた時から、死に至っても働き続けてくれているのです。

私は、
音楽の仕事をしたり、人の話を聞いたりする仕事になってからは
かなり耳を休めることを意識してやっています。

例えば、
●ヘッドホンで音楽を聞かない。
●テレビを消し、CDなども聞かず、無音に近い状態を一日に1回は作る。
●水泳をする。(水の中はそれほど音が聞こえない)

などです。

耳を使うことは、その音に集中するということなので
脳が活動している状態です。

しかし、
あんまり音が聞こえている状態(緊張が高い状態)が続くと、
脳が疲労してきます

脳の疲労はカラダの疲労とは違い、筋肉痛などのようにわかりにくいですね。
うまく解放してあげないと、頭痛などをおこしかねません

そんなことから、私は
耳を休める=「耳休み」を意識して取り入れています

特に夏の季節は、
睡眠不足になりがちです。

そうすると、カラダもだるいですが
脳にも疲労がたまりやすいです。

そんな時こそ、
音を聞きすぎないようにして
脳を休めましょう。

ぜひ、あなたも試してみて下さい。

それでは、また。

音楽療法士   堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ