人気がでてきた音楽療法

「人気がでてきた音楽療法」についてお話しします。

あなたもご存知だと思いますが
現在の日本での音楽療法が実践されている現場は
「高齢者施設」が一番多いと言われています。

デイサービス、特別養護老人ホーム、老健、グループホーム、有料老人ホームなどですね。

そして主に
集団セッション(20人くらいに対してセラピスト1名、ほかスタッフ1・2名程度)が
主流になっています。

私も
今までは施設で集団セッションを主にしてきました。

ところが
先日、こんなお電話をいただきました。
「老人ホームに入居している母に音楽療法をしていただきたいのです」と。

それで
私:「マンツーマンでする形でしょうか」と聞くと
先方:「はい、そうです」

ということで
有料老人ホームに入居されている方のところへ私が訪問し
その方に対してのマンツーマンでの個人セッションをすることになりました。

実際にセッションを始めてみましたら、、、、

ご本人も楽しくされており、

  • 会話が成立する
  • お母さんの知らない一面が見えた
  • 普段と違うしっかりした表情
  • たくさん歌を知ってることがわかった

とご家族から感想をいただきました。

ご本人とご家族にとって有意義な時間になるよう、私も頑張ります。

また
別件ですが、

  • 障がい児の「放課後ディサービス」
  • 高次脳機能障害の方への音楽療法
  • 認知予防のための音楽療法

導入も増えてきているようで、ご相談含めお話しを伺う機会があります。
このように
音楽療法を必要としている方が増えているのが現状です。

音楽療法がジワジワ浸透していているんですね。

これからもっと
いろいろな場所やいろいろな方に
音楽療法は活用されていくはずですし広がっていくよう、
私も頑張っていきます!

あなたも音楽療法をやってみませんか?
音楽療法を広め隊、隊員募集中!

ということで
今日も1日楽しんでいきましょう!

音楽療法セラピスト 堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ