姉妹での音楽療法

今日は興味深いできごとがあった。

特別養護老人ホームで認知症の方のセッションだが
そのメンバーの中に姉妹がいた。

96歳の姉とその妹だ。

二人とも嫁に行き、別々の暮らしをしていた。

そして
現在は同じ施設の同じ階に同居しているのだ。

ありそうであまりない話。

実際、こういうケースは今までなかった。

 

その姉妹だが

初めて2人一緒に参加した。
(姉がレギュラーメンバーで通常は姉のみ参加)

ちょいと隣同士にして、反応を見てみた。

 

「○○さん、今日、お隣で参加しますのでよろしくね」と私が姉に妹を紹介した。

姉、全く、表情変えず。

ガ〜ン。

私が「この人はお知り合いですか?」って妹さんに聞いたら
「しらね〜よ。」と即答。

あ〜〜、だめだこりゃ。

セッションを進めていくうちに
歌を歌う場面になった。

模造紙に歌詞が大きく書いてある。

それを見るとすぐに妹さんが読み出した。

おや〜、隣の姉も読んでいるではないかい(笑)。

当人同士は意識していなくとも
他人から見ると
やっぱり似たとこあるある。

そういや、鼻の形も似ているぞ。

妹さんは口数多くてにぎやかだけど(笑)
2人並んでいるたたずまいはいい感じ。

これからもお互いマイペースで参加してくださいませ。

私もしっかりサポートさせていただきますゆえ。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ