音楽療法に使える楽器 (タブラ)

タブラ

今日はいつものセッションにゲストが来てくれた。

その名は「タブラ」。

いやいや、正確には
タブラという楽器を演奏しに来てくれたS原さんだ。

タブラってご存知?

私は全く知らなかった。
でも
音を聞いてすぐに好きになった。
「ああ、確かにインド映画でも聞いたことあるわ」と思い出した。
(一時、インド映画にはまったことがあるので)

ぜひ、一度生の音を聞かれたし。

さて,
本日のゲスト指原さんは
「タブラ奏者」なのだ。
インドにタブラ修行にも行っているそうな。

彼とは、つい最近知り合ったのだが
セッションのお誘いに快く承諾してくれた。
ありがとうございました。

セッション中、タブラを演奏してくださり
その後、みなさんも触ってみませんかというコーナーで
あるクライアントさんがこのタブラに釘付けになった。

090427_150201

最初は遠慮気味に叩いていたが
そのうちいろんな場所を叩いたり
小刻みに叩いたり
その気に入りようったらなかった。

実に生き生きした表情だった。

「○○さん、この楽器気に入った?」と聞くと。

うんうん。
しっかり答えていた。

その他のクライアントさんにも楽しんでいただき
今日のセッションは楽しくも新鮮な体験ができたのだった。
きっと、
クライアントさんにとっても快刺激になったことだろう。

本当にありがとう。指原さん。
また来てね。

 

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ