「音楽療法は五感を使う」についてお話しします。

こんにちは。堀田です。

今日は
「音楽療法は五感を使う」についてお話しします。

 

音楽療法とは
音楽を活用して行う活動ですので、当然音楽を使用します。

また
楽器なども使用して多彩な活動を展開していきます。

では

音楽療法では、音楽を活用すること(例えば歌う、楽器を演奏する、演奏を聞く)しか行ってはいけないのでしょうか?

答えはいいえ。

音楽療法には禁止事項はありません。

音楽をどのように扱うかは自由であり
活動の内容に教科書やマニュアルはありません。

 

ですので、
歌う、楽器を演奏する、聞く以外の活動を行ってもいいのです。

そこで

私のいつも使っている方法をご紹介したいと思います。

私は季節感を味わうために「生の小物」をよく使います。

例えば、
秋に行う高齢者のセッションでしたら
栗や柿、リンゴなどの果物やすすきなどの草花。

その果物や草花を実際に手にとり、見たり、においをかんだり、して味わいます。

十分味わいつくしたところで「里の秋」を歌う。

 

そして
「栗の木はあなたの家にありましたか?」
「栗の入っている食べ物は何ですか?」

とクライアントさんに聞いていきます。

お一人ずつ伺ってもいいですし、
全体に話題をふってもいいでしょう。

 

お話がすんだところで、
再度、里の秋を歌います。

 

たぶん
生ものなしで歌ったときよりも
生ものを使ってお話された後に歌った時の方が
声の音量や顔の表情に違いが出るはずです。

 

このように
音楽の力+(プラス)五感を刺激する方法は
クライアントさん(特に認知症や記憶に障害がある方たち)の
症状の改善や活性化がはかれます。

 

ぜひ、お試しください。

では、きょうはこのへんで。

音楽療法士  堀田圭江子

 

追伸:

認知症や記憶障害の方々を正確に理解するために必要な脳のお話は
11月18日の脳血管障害の音楽療法の講座です。

残席わずかです。お急ぎくださいね。
>>>脳血管障害の音楽療法の講座

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ