音楽療法で昼夜逆転を改善!

「夜、ぐっすり眠れる音楽療法」
(昼夜逆転が音楽療法に参加することで改善された例)

についてお話します。

ある特養でのお話しです。

そのセッションは10名ほどのグループセッションです。
その中にある認知症の女性がいます。

その方は90代。

  • 非常に多弁(おしゃべり)。
  • お話しはたくさんするけど会話は噛み合わない。
  • 自分のいいたいことを一方的にしゃべる。
  • そして夜深夜1時頃からずーっと起きている。
  • そのため昼間居眠りをする。

それで
困り果てた介護職員さんから

「昼夜逆転を改善できないか」

というご相談を受け
音楽療法に参加となりました。

というわけで
セッションに参加してみると
本当にうつらうつらしています。

私が「○○さん、眠いですか?」と聞くと

「いえ。寝てないです。」と答えます。

でも、
太鼓を叩くバチを居眠りして落としているのですが(笑)。

そんな彼女でしたが
徐々にセッション中寝ている時間が減っていき
半年を過ぎた頃、セッション最後まで起きているようになっておりました。

そして
時期を同じくして
介護職員さんから
「○○さん、最近、夜寝てますよ」と報告ありました。

よかったー!

では

彼女が夜眠れるようになったのはなぜでしょう、、、

それは
昼間のセッションで
心と体を使い健康的にエネルギーが使われたことで
心地よい疲労につながり
夜眠れるようになったのではないかなと思われるのです。

実際
セッションでは
太鼓を思い切り叩いたり、歌を歌うときもお腹から声を出していました。

ということで

音楽療法ではこのように
昼間の活動性を上げて昼夜逆転を改善することも
お手伝いできますよ。

今日お話しました彼女ですが
現在も夜はぐっすりおやすみになられています。

その彼女に効果的だったプログラムについて
詳しくはこちらでお話しします。
確認くださいね。
音楽療法セラピスト養成講座

では、今日はこのへんで。

音楽療法セラピスト  堀田圭江子



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ