音楽療法は見ればわかる

音楽療法は見ればわかるというお話しです。

今から20年以上前
私は音楽が好き、人と関わる仕事がしたい
というだけで、音楽療法の世界に飛び込んだのですが、、、

最初は音楽療法ってどんなものなのかも
全くわからなかったです。

なぜなら私の周りに
音楽療法をしている人はいませんでしたし
音楽療法を教えてくれる所や本もとても少なく
音楽療法に関する情報がまるでなかったからです。

その時の私は
音楽療法っていうぐらいだから
たぶん、、、

「歌ったり、楽器とかを演奏するんだろう」
「でも音楽でどうやって治療するの?」

という疑問や不安でいっぱいだったと思います。

それで
とりあえず本屋さんに行き「音楽療法」と名のつく本を探しましたが
ありませんでした。

ちょっと途方にくれましたが(笑)
思い込んだら一直線の性格の故、
何も知らないままでも、とにかく音楽療法の勉強を始めなきゃと。

そして授業が始まり
いろいろと理論やなんやかんやを教えてくださるのですが
その頃はまだ日本語でも文献や情報が少なく
欧米で出版されたものを直訳した情報を元に勉強することが多く
結構難しかったのです。

 

でもそんなある日
ある授業でセッションのVTRを見ることに。

 

それを見た瞬間

「そうか、これが音楽療法なんだ!」

と理解できたのです。

それまでたくさんの時間をかけて
文章から学びとろうとしても理解しにくかったことも
そのVTRを見ることですんなりはいってきました。

こんなことならもっと早く見たかった!
と思いましたもの。

本当に
百聞は一見にしかずですね。

ということで、、、、
音楽療法を理解するには
実際のセッションを見ていただき
肌で感じていただくのが一番の方法だと思います。

もしも
あなたが、音楽療法に興味を持たれて

  • 自分にできるか迷っている
  • 音楽レクを担当しているが煮詰まっている
  • ピアノのレッスンに取り入れたい
  • 障がいのある子を受け入れることになった
  • 今のボランティア活動をさらにレベルアップしたい

などをお考えになっておられるのでしたら

ぜひ、
ご自分の目で肌で感じて確認されることをおすすめします。

音楽療法をVTRで見たり、セッションを体験できる機会
こちらです。

では
今日も1日楽しんでいきましょう!

音楽療法セラピスト 堀田圭江子

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ