音楽療法の原点

先週末は名古屋で
「音楽療法体験会」をしてきました。

今回は神戸から名古屋まで来てくれた方がいました。

ひゃっほー!

ピアノ講師をされている方で
お友達と2人で参加していただきました。

そのお2人は小学校からの同級生とか。

私のこのブログを読んで参加を決めてくださったんですって。

うれしー。

また、

音楽が小さい頃から好きだったけど職業にはできないと決めていた方も
私のこのブログで、音楽療法の仕事に興味を持ち
体験会に参加してくれた方もいらっしゃいました。

みなさんありがとうございました。

そこで今回の体験会で感じたことがあります。

それは、

「やっぱり音楽は楽しいものだ」ということ。

音楽療法体験会なのでミニセッション体験コーナーで、簡単な合奏をしました。

トーンチャイムとトライアングルのシンプルな組み合わせです。

練習も打ち合わせも全くなしのぶっつけ本番。

音楽療法では当たり前のことですが
初めて会って、すぐに一緒に合奏するなんて普通の生活ではまずありえないことです。

でも、
とてもいい雰囲気になり楽しめました。
参加者の方は合奏し終わって

「音楽っていいですね…」としみじみ語ってくれました。

 

また、
「まさに音を楽しむ…ですね」とも。

そうなんですよね。

音楽って、音を楽しむんですよね。

ほんま

「音楽療法の原点や」(なんで関西弁?)

大事なことを再確認できた体験会でした。

参加のみなさんありがとう!!



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ